霜降り明星・せいや、モノマネ企画でプロ相手に優勝 松本人志も「スゲえ」 

7日放送『水曜日のダウンタウン』に出演の霜降り明星・せいや。“まだ誰もやってない”モノマネで見事才能を発揮。

2023/06/07 23:55

霜降り明星・せいや・ダウンタウン・松本人志

7日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、お笑いコンビ・霜降り明星のせいやが出演。第2回「“まだ誰もやってない”モノマネ王座決定戦」で、見事チャンピオンとなった。



 

■1回戦は吉本興業・副社長

名前のとおり、これまで誰もやることのなかった人物のモノマネを、90分以内で準備しステージで披露、そのクオリティで得点を競うというものだ。

バラエティなどでモノマネを披露することも多いせいやだが、なんと他メンバーは、神奈月やMr.シャチホコ、キンタロー。など、超一流のプロのモノマネ芸人。

合計12人、トーナメント形式の3回戦となっていて、1回戦は木村拓哉のモノマネで知られるホリ。

お題は「吉本興業株式会社 藤原寛副社長」と、その難しさに誰もが笑ってしまうようなものだったが、見事『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)のキャラクターに扮し、勝利を収めた。


関連記事:霜降り・せいや、太田光&松本人志の“漫才姿”披露 「夢のコンビ」

 

■名だたるプロに勝利し…

つづく2回戦は「歌ネタ」対決で、お題となったのは音楽ユニット「H Jungle with t」でのダウンタウン・浜田雅功。

こちらも、代表曲『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~』を堂々と披露し、超大物である神奈月を相手に勝利した。

そして最終対決となった3回戦では、「ネルソンズ・和田まんじゅう」という、これまた難しいお題。しかし、顔を前後するような動作や独特な滑舌などの特徴を押さえ、キンタロー。とMr.シャチホコを相手に勝利、見事チャンピオンとなった。


関連記事:オズワルド伊藤俊介、松本人志めぐる議論の“大前提”を指摘? 「無視されて…」

 

■松本人志も「スゲえな」

唯一モノマネ芸人ではなかったせいやの優勝とあり、ネット上からは「マジで才能ありすぎ」「名だたるモノマネレジェンドに勝つなんて…」「全部似てました! 90分で練習なんて本当に天才」と称賛の声が。

優勝予想でせいやを「1番ない」と言っていた松本人志も、「スゲえな」と驚いた様子を見せていた。


関連記事:霜降り明星・せいや、ダウンタウン・ナイナイと比較される苦悩告白 「イヤやねん」

 

■プロの力量に感動の声

ちなみに、せいや以外にも注目ポイントは多く、NMB48・渋谷凪咲を真似るキンタロー。や、ピアニスト・清塚信也を真似るJPなど、さまざまな場面でネット上は大盛り上がり。

「モノマネ芸人さんて本当にスゴいな」「なんでも出来るんだなあ…」と、感動した視聴者も多かったようだ。

『水曜日のダウンタウン』はTVerで6月14日まで視聴可能

・合わせて読みたい→霜降り明星・せいや、ダウンタウン・ナイナイと比較される苦悩告白 「イヤやねん」

(文/Sirabee 編集部・東水 壮太

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

松本人志水曜日のダウンタウンものまね芸人霜降り明星水ダウせいや
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング