「プール撮影会」中止騒動、共産党の“勝手な言い分”にイベント運営側は怒り 1000万円超の損失か

週末開催予定だった「プール撮影会」が軒並み中止の異常事態。撮影会運営元は、その経緯について怒りを露わにする。

2023/06/09 17:00


しらこばと水上公園

今週末予定されていた「プール撮影会」運営団体が8日、軒並み開催中止を発表し、ネットで波紋を呼んでいる。

その発端は日本共産党埼玉県議会議員団による、プール運営元である埼玉県に対する「貸し出し禁止」の申し入れだったが、撮影会運営側は共産党側の言い分について怒りを露わにする。

【あわせて読みたい】堀江貴文氏、プール撮影会の中止騒動に苦言「酷い」


画像をもっと見る

 


 

■モデルたちが重視する「プール撮影会」

これまで毎年6月、9月のプール未稼働シーズンをメインに各団体が開催してきた大型プール撮影会。

埼玉県では川越水上公園、しらこばと水上公園、加須はなさき水上公園がその「聖地」となっており、日本各地から多くのグラドル、コスプレイヤー、アイドル、撮影会モデルが集まり、数千ものカメラマンが殺到する。まさにモデルたちにとっての花形イベントで、ここで多くのファンを獲得し今後の活動に弾みをつける場となっている。


関連記事:「Colabo支援」都庁前デモに仁藤夢乃氏は現れず 激化する分断と対立の行方

 

 

■「貸し出し条件が守られていない」

開催数日前にもかかわらず中止を発表したのはフレッシュ撮影会、はなまる撮影会、東京Lilyミスヤングアニマルオーディションセミファイナルプール撮影会の3団体。騒動の端緒となったのは、日本共産党埼玉県議会議員団による県への申し入れだ。

「過去のイベントの動画をみると水着姿の女性がわいせつなポーズやわいせつなしぐさで映っており、明らかに『性の商品化』を目的とした興業」「都市公園の目的にふさわしいものとは到底考えられません」と申し入れに至る理由を明かしつつ、「『水着撮影会』について都市整備部公園スタジアム課から確認しました。指定管理者より主催者に、中止を申し入れたそうです。理由は『貸し出し条件が守られていないことが主催者のHPより確認されたため』です #性の商品化は許さない」とツイッターで発信したのだった。


関連記事:ジブリパーク、不適切写真めぐる運営の回答に疑問の声 「被害者側」と擁護も

 

 

■撮影会運営元の怒り

しかし、今回中止となった現場・しらこばと水上公園のHPを見ると、「撮影・イベントでの公園利用について」という項目があり、過去開催した行為許可イベントについてという項目で「水着モデルの撮影会(プールエリア)」と紹介が。県側も健全と容認してきたイベントだ。

共産党側の「貸し出し条件が守られていない」というのはどういうことなのか。10日に1200人規模のイベントを開催予定だった「フレッシュ撮影会」運営元・株式会社エーテルの植田氏は、今回の流れに怒りを露わにする。

「弊社はこれまで40回近く川越水上公園、しらこばと水上公園、加須はなさき水上公園で撮影会イベントを開催してきました。プールを管理する県側とは緊密に連携をとっており、出されたルールはすべて遵守。違反をしたことはありません。それにも関わらず開催2日前に突然『貸し出しできない』と連絡があった。出演交渉や参加者募集など3ヶ月近く注力してきたイベントが一瞬で水泡に帰したのです」(フレッシュ撮影会・植田氏)

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■開催中止を余儀なくされたワケ
共産党プール撮影会しらこばと水上公園川越水上公園加須はなさき水上公園
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ