隠し味が決め手! ミツカン公式「やみつき納豆ごはん」は美味しくて箸が止まらない…

ミツカンおすすめの「やみつき納豆ごはん」が美味しすぎ。アレが隠し味とは…。

2023/06/21 09:30


ミツカンの公式Youtubeが「やみつきになる納豆ごはん」を紹介していたので、実際に納豆好きの記者が試してみた。


画像をもっと見る

 


 

■納豆ごはんの到達点

納豆ごはん

使う材料は、ごはんと納豆のほかに刻みネギ、ごま、卵、納豆についているタレ、ごま油、ラー油。記者が納豆ごはんを作るときによく使うものばかりだ。

納豆ごはん

納豆に付属のタレと刻みネギ、ごま、ごま油約小さじ1、ラー油数滴を入れてよく混ぜる。ネギは多めの方がボリュームが出て食感も楽しめるのでおすすめだ。

納豆の容器にそのまま全部入れて混ぜられるが、大きめの器に入れ直した方がかき混ぜやすいので移し替えたほうが良いかも。


関連記事:リュウジ氏の「至高の納豆」が本当に最高 簡単なのにこの美味しさは驚き

 

 

■隠し味は…

納豆ごはん

隠し味はこちら。おひたしや焼き魚、焼肉、鍋物などで1年中活躍する味ぽんだ。

納豆ごはん

味ぽんの量は、大さじ1/2。入れすぎるとポン酢の味が強く出てしまうので、しっかり分量を計って入れるのがおすすめ。さらによく混ぜていこう。粘り気が出て全体が混ざったらごはんにかけて…

納豆ごはん

真ん中に卵黄を乗せたら完成だ。黄身が滑り落ちないよう、中央にくぼみを作っておくといいだろう。


関連記事:けんます氏の「究極の納豆ご飯」に驚き あの調味料を使う発想はなかった…

 

 

■隠し味でこんなに違いが

納豆ごはん

卵黄のコクにごま油の香りとラー油のピリ辛、そして隠し味でちょっとだけ入れたポン酢が全体の味を引き締めている。まるでユッケのような濃厚さで食べ応えのある納豆だ。酸味の強さはまったく感じない。

ごま油やラー油はお好みだから、少し多めにしてもいいだろう。ごはんが瞬く間になくなってしまったが、納豆だけで海苔で巻いて食べればおつまみにもぴったり。

納豆と味ぽんを作るミツカンならではの素晴らしいマリアージュ。納豆ごはんのアレンジとしてぜひ試してみてほしい。

・合わせて読みたい→和の鉄人・道場六三郎氏の「納豆を入れた味噌汁」が最高 簡単なのにハマる

(取材・文/Sirabee 編集部・池田かおるこ

ミツカン味ぽん【Amazon】

納豆レシピポン酢ミツカン納豆ご飯味ぽん納豆ごはんやみつき
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ