UFOを見た経験がある? ほとんどは説明可能な物体だがもしかしたら本物がいるかも…

6月24日は「UFOの日」。UFOを見たことがある人は意外と多いようで…。

2023/06/25 04:45


UFO

科学が進歩した現代でも、人間が「わからない」ことは多い。中でもロマンのある存在といえば「UFO」だろう。6月24日が「UFOの日」ということにちなんで、Sirabee編集部ではある調査を行なった。


 


 

■UFOを見た経験がある?

Sirabee編集部では全国の10~60代の男女868名に「UFO」に関する調査を実施した。

UFO

その結果、全体の11.6%の人が「UFOを見た経験がある」と回答していた。


関連記事:石原良純、高校時代に海で“爆弾”を見つける 「これなんだろう?」

 

 

■6月24日はUFOの日

UFOとは未確認飛行物体(unidentified flying object)の略称であり、その名の通り正体が確認されていない飛行物体のことを指す。この手のものの中では、比較的目撃証言が多いことで知られている。

また6月24日が「UFOの日」な理由は、世界で初めて空飛ぶ円盤が目撃された日が6月24日なのだ。1947年6月24日、実業家ケネス・アーノルドは、自家用飛行機で高度2800メートルのフライトを楽しんでいた際に「奇妙な9つの飛行物体」を発見。物体は数十キロ遠くにある山の上空を猛スピードで移動していたらしく、これは当時の科学力ではありえないスピードだったようだ。


関連記事:キャンドゥで見つけた謎の物体 頭を物理的に冷やしてくれる最強アイテムだった…

 

 

■ほとんどは説明可能

円盤状の物体として認識されているケースが多く、地球上の科学力では考えられない動きやスピードで移動している…とされる場合が多い。これらは地球外文明の証明…になりうる可能性があるため、非常にロマンのある存在だと言えるだろう。

しかし、アメリカ空軍の1947年から1969年までに行なった調査によると、1万件を超えるUFO目撃報告のうち、94%は正体が突き止められたそう。どうやらUFOの発見報告のほとんどは説明可能だったようだ。


関連記事:釣り名所の駐車場、残された物体に愕然… 「これは許されない」と怒りの声相次ぐ

 

 

■可能ならロマンを求めたい

ただ、よく考えてもらいたい。上で「UFOの発見報告の94%が説明可能だった」と説明したが、要は6%は未確認の飛行物体だったのだ。

そう考えると、Sirabee編集部が行なった調査で発覚した11.6%が見た経験があるUFOの中にも本当のUFOがいる可能性は十分あると言えるだろう。UFOは「でっち上げの嘘だ」といった意見も見られるが、ロマンを求めたい記者としては「存在する」方に賭けたい。

・合わせて読みたい→釣り名所の駐車場、残された物体に愕然… 「これは許されない」と怒りの声相次ぐ

(取材・文/Sirabee 編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2023年6月19日~6月21日
対象:全国10代~60代男女868名(有効回答数)

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

UFO記念日調査話題UFOの日
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング