マイナンバーカード自主返納、「リアルな現状」に目を疑う… ネットでは怒りの声も

マイナンバーカードを自主返納する人が続出している。「怖くて使えない」ネットでは厳しい意見も…。

2023/07/19 04:15

マイナンバー

昨年から賛否を呼んでいるマイナンバーカードと健康保険証の一体化。いま、マイナンバーカードを「自主返納」する人が増えている。

一体、何が起きているのか、取材してみると…。

【合わせて読みたい】マイナンバーカード、「こんなに遅いと思わなかった」 申請者が怒った理由



 

■今年に入ってトラブル続出

マイナンバーカードは、個人番号(マイナンバー)が記載された顔写真、ICチップ付きのプラスチック製カード。2016年1月から交付されたものの、利用率は頭打ちだった。

そうした状況を見かねてか、昨年、政府は2024年秋に現行の紙の健康保険証を原則廃止すると発表。年末に慌ててカードを申請した人もいたのでは。

ただ、今年5月以降、証明書が誤交付されたり、マイナンバーカードと健康保険証が一体化した「マイナ保険証」で別人の医療情報が登録されるなど、トラブルが続出。7月6日には、デジタル庁が、6月だけでカードの自主返納数が約2万件になったことを発表し、暗雲が立ち込めている。


関連記事:和田アキ子、マイナンバーカードと保険証の一体化に不満 「監視されているような…」

 

■ネット上では怒りの声

トラブルが続出したことで、カードの運用システムに不信感を抱く人も少なくないようだ。

ネット上では、「こんなシステムトラブル続くカードなんて、怖くて使えない」「もうやめたらいいのに。トラブル多すぎ」「何も問題なく運用できている紙の保険証を廃止する意味が分からない」「そこまでして普及させて意味があるんか」など、怒りの声があがっている。

全国的に自主返納する人は増えているようだが、一体何が起きているのか。一部メディアで「自主返納件数がやや多い傾向にある」と報じられていた大阪府堺市役所に、返納状況について取材を敢行した。


関連記事:梅沢富美男、マイナ保険証“資格確認書”の有料化案に怒り 「金をよこせって…」

 

■役所が明かした「現状」は…

大阪府堺市の戸籍住民課に、直近の自主返納件数を尋ねたところ、「『本人希望』で返納があったケースは、4月は9件、5月は28件、6月は34件です。5月以降、増えています」(担当者)という回答が。

数字だけ見ると、右肩上がりに上昇していることが分かる。返納理由は、やはりマイナンバーカードを持つことへの不満や不安だろうか。

「マイナンバーカードを返納いただく際、返納届という書面を書いていただきます。返納理由として、最近のマイナンバーカード誤交付等に不安を覚えて返納される方もいます。ですが、『(カードの)写真映りが気に入らない』といった理由や、そもそも返納理由を事細かく書かない方もいらっしゃるので、『本人返納』の方全員がマイナンバーカードに不満を持っているとは言えません」(前出・担当者)。

これは堺市に限ったことではないだろう。「自主返納=カードに不満な人」と考えるのは軽率だ。

とはいえ、相次ぐトラブルによって多くの人に不安を与えているのは事実。政府には、国民が安心してマイナンバーカードを持てるよう仕組みを整えてほしい。

・合わせて読みたい→河野太郎大臣、マイナカードの交付枚数8000万枚を突破 ファンからは労いの声

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

マイナンバーカードの個人情報に…【Amazon】

マイナンバーカード保険証デジタル庁健康保険証マイナ保険証
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング