Jリーグ“子連れ客優先”が物議 ひろゆき氏「圧倒的なそれじゃない感」とバッサリ

Jリーグ観戦が“子連れ客優先”推奨へ。ツイッターでは、批判の声が相次いだほか「これは子育て支援ではない」「優先されても何の役にも立たない」と呆れる声も…。

2023/07/19 15:30

ひろゆき氏

小倉将信こども政策担当相は12日、サッカーJリーグが「こどもまんなか応援サポーター」として活動する旨を野々村芳和チェアマンと共に発表、Jリーグ観戦が“子連れ客優先”となる方針を示した。これにツイッターでは疑問や批判が続出している。

【ツイート】Jリーグ観戦の“子連れ客優先”推奨にひろゆき氏は…。



 

■子連れ客らを優先する取り組み

「こどもまんなか応援サポーター」は子供や子育てに優しい社会をつくる運動の一環としてこども家庭庁が募集。今回の連携によりJリーグの試合観戦やイベントで子連れ客らを優先する取り組みなどが各クラブに推奨されるそうで、小倉氏は「(支援の)輪がほかのプロスポーツやさまざまな団体、企業に広がっていくことを期待したい」と述べた。

しかしツイッターでは「違う、そうじゃない」「ツッコミどころが止まんない! これが異次元の少子化対策?」などと批判の声が続出。実業家のひろゆきこと西村博之氏も反応し、「やる気のある無能の圧倒的な『それじゃない感』」とバッサリ切り捨てた。


関連記事:少子化が止まらない日本と中国 参考にすべきは「フランスの成功例」だ

 

■「ズレすぎている」「子育て支援ではない」

そもそも、「どうして少子化対策にJリーグが関係してくるのか」と疑問を感じた人は多いようで、「Jリーグ優先的に観られるから、子供産もかって人、いる?」「子連れ優先はJリーグで勝手にやってくれよ」「これを提案した人も、これで行こう! なった周りも全員がズレすぎている」との声が。

子供を持つ親たちからも「うちの子サッカー好きだけどうれしくない。これは子育て支援ではないし、子ども家庭庁がわざわざやることではないんよ」「優先されても何の役にも立たない。子連れが逆に立場悪くなるわ」との声が上がり、「子育て世帯のどんな声聞いて、こんな事業に繋がったんですか?」「優先度間違いによる無駄遣い…もはや子育て応援でないばかりか、妨害」と憤りを感じる人が多数みられた。


関連記事:少子化が止まらない日本と中国 参考にすべきは「フランスの成功例」だ

 

■「もっと先にやるべきことがある」不安の声

また、「担当大臣なら、子育て費用(医療費・保育料・給食費など)の無償化など、もっと先にやるべきことがあるだろうに…」「そんなことよりも『3歳から減額される児童手当の見直し』や『第2子や第3子の児童手当増額』などを速やかに行うべきだと思うのですが…」などと他にやるべきことがあるという声は多く、「こども家庭庁って何のためにあるんだろう」と存在意義の有無を考える人も。

ほかにも、“異次元の少子化対策”に対し「そっちの異次元なんかい! って笑うしかない」「遂に俺たちは異次元へ到達したのか…」と呆れモードの人もいれば、「このままどこに向かっていくのでしょうか…」「我が家にも子供いるけど、こんな政策しかできない日本なら、将来子供は産むなって育てるわ。絶望しかない…」と不安を抱く声も見られた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■「圧倒的な『それじゃない感』」
サッカー子育てJリーグ西村博之野々村芳和異次元の少子化対策小倉将信こどもまんなか応援サポーター
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング