鶏むね肉がまるで牛タンに? 笠原将弘氏の「鶏むね肉のタン塩風」が上品で激ウマ

鶏むね肉は薄切りにしてサッと焼くと柔らかく食べられる? 笠原将弘氏のYouTubeチャンネル「【賛否両論】笠原将弘の料理のほそ道」で紹介されたレシピを実践。

2023/08/12 05:00


鶏むね肉のタン塩風

ダイエットにぴったりで大活躍する鶏むね肉だが、唯一といってもいい欠点は食感がパサパサになりがちなこと。

人気日本料理店「賛否両論」店主の笠原将弘氏が、YouTubeチャンネル『【賛否両論】笠原将弘の料理のほそ道』に、まるで牛タンを食べているかのような食感だという「鶏むね肉のタン塩風」を投稿。実際に作ってみたところ、非常においしかったので紹介したい。


画像をもっと見る

 


 

■「鶏むね肉のタン塩風」の材料

鶏むね肉のタン塩風

・鶏むね肉 1枚
・レモン 1/2個
・黒コショウ 少々
・酒 大さじ1
・サラダ油 小さじ2
・おろしにんにく 小さじ1
・塩 小さじ1


鶏むね肉のタン塩風

【ねぎダレ】
・長ねぎ 1/2本
・大根おろし 100g
・ごま油 大さじ2
・みりん 大さじ1
・白ごま 大さじ1
・昆布茶 小さじ1
・塩少々

長ねぎはみじん切りにして、ネギダレの材料をくわえて混ぜたら完成。焼いた肉や揚げ物にかけたり、刺身と和えたりと万能に活躍するタレで、冷蔵庫でも3〜4日持つという。


関連記事:暑い日に食べたい… コウケンテツ氏「鶏むね肉ときゅうりのねぎ塩あえ」が激ウマ

 

 

■鶏むね肉をそぎ切りして調味料で揉み込む

鶏むね肉のタン塩風

鶏むね肉は皮をはぎ、3mmくらいの幅でなるべく薄くなるようにそぎ切りする。なお、皮は丸めて冷凍しておくと、野菜を煮るときやご飯を炊くときに入れてコクや旨味を出す材料として活躍するという。

ボウルに鶏むね肉と酒、サラダ油、おろしにんにく、塩を入れて揉み込んだらすべての準備が完了だ。


関連記事:暑い日に食べたい… コウケンテツ氏「鶏むね肉ときゅうりのねぎ塩あえ」が激ウマ

 

 

■強火でサッと焼くのがポイント

鶏むね肉のタン塩風

フライパンには油を入れずしっかりと熱する。あとは焼肉で牛タンを焼くように、強火で鶏むね肉の両面をサッと焼いていくだけ。こうすることで鶏むね肉の水分を飛びにくくなり、パサパサになるのを防ぐことができるという。焼けたものはどんどん取り出し、ある程度焼いたらフライパンの焦げを拭き取っておくのもポイント。

鶏むね肉のタン塩風

最後にねぎダレと黒コショウをかけ、レモンを添えたら「鶏むね肉のタン塩風」だ。笠原氏が「騙されたと思ってやってほしい」と絶賛したその味は…


関連記事:鶏むねが超簡単に柔らかくなるキユーピーの「みそマヨ焼き」レシピが簡単で最高

 

 

■食感と味にハマる!

鶏むね肉のタン塩風

薄くそぎ切りしてサッと焼いているので、食感はしっとりしておりパサパサ感はない。たしかに牛タンのような味わいがあり、レモンを多めにかけるとよりそう感じる。鶏むね肉をしっとりさせるレシピというと片栗粉を使うものを想像するが、それがなくてもここまで触感が良いなんて…。ねぎダレは非常に上品な味でご飯のおかずにぴったりだ。

動画のコメント欄には「確かに牛タンっぽさを味わえました」「料理経験ほぼゼロですけど、すごく美味しくできました」「ほぼ牛タンの食感でした」などの声が寄せられており、非常に好評のよう。簡単にできてハマるのでぜひ作ってみてほしいぞ。


関連記事:鶏むねが超簡単に柔らかくなるキユーピーの「みそマヨ焼き」レシピが簡単で最高

■鶏むね肉がまるで牛タンに!?

・合わせて読みたい→鶏むねが超簡単に柔らかくなるキユーピーの「みそマヨ焼き」レシピが簡単で最高

(取材・文/Sirabee 編集部・二宮 新一

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

YouTube賛否両論鶏むね肉笠原将弘【賛否両論】笠原将弘の料理のほそ道
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ