コロナ禍以降「万引き激増で被害が深刻」 窮状告白した店主にアドバイス続々

店に来ては万引きを繰り返す若者たち。なかなか解決しない深刻な問題に直面し、店を営む多くの人たちが大変な苦労を強いられているようだ。

2023/08/13 17:30

万引き

コロナ禍以降に万引きが激増。深刻な被害に困ってはいるが、「警備スタッフを雇う経済的余裕もない」と悩んでいる人も多いようだ。ある店主の告白に、『The Mirror』などイギリスのメディアが注目した。



 

■万引きに悩む店主

イギリスで小売店を営む男性(50)が、万引きを繰り返す若者たちに困り果てている。新型コロナウイルスの感染が拡大した頃から被害が急増し、今では1ヶ月の被害総額が1,500ポンド(約27万3,465円)になることもあるのだという。

万引きした商品が合計200ポンド以上にならないと、現地の警察は介入しない。物を盗む若者や子供たちもそれを承知の上で、大胆な行動を繰り返しているようだ。


関連記事:コンビニのオーナーが10代少年を追いかけ殺害 「万引きされるかと思った」

 

■悪質な手口

困り果てた店主は、店に設置してある防犯カメラの映像を公開。這うような格好で店に忍び込む子供の姿を世間に晒し、「こういう子供たちについてはきちんと通報しています」「年齢は15~18歳の子供が多いですね」と話した。

店主はさらに「コロナ禍以降は本当にひどい状態ですよ」「子供たちが菓子やオモチャを盗んでいくんです。無理やりカウンターの後ろから使い捨て電子タバコの箱を奪う子供もいますね」と告白。

複数の店を経営しているというが、どこも子供たちによる万引き被害がひどいそうだ。


関連記事:万引き犯の女が警備員の耳たぶを噛みちぎる凶行 複数の別件でも逮捕状

 

■値上げも余儀なくされ…

店主は万引き被害による損失を補うため、「店で扱う商品の値段を上げるしかない」「警備員を雇う金もありません」と肩を落として述べている。

なお「夏休みなど長期休暇のあいだも万引き被害が増える」と強調し、よその地域からやって来た子供たちが店に入り物を盗むケースもあるそうだ。


関連記事:無銭飲食した客に店主が激怒するも… 防犯カメラの映像公開でスピード解決

 

■ネットに溢れたアイデア

店主の苦境について報道で知った人たちは驚き、さまざまなアイデアをSNS上に書き込んだ。

「大きな番犬を置くのはどうか」「今後はカウンターで欲しい物を聞き、お金を受け取ってから差し出してはどうか」「素行の悪い子供は出入り禁止にしたらいい」といったアドバイスも書き込まれている。

日本でも、コロナ禍以降にやはり万引きが激増したという。多くの小売店が防犯カメラの設置、顔認識システム導入、商品の配置換えなど工夫を凝らし対応に追われているようだ。

・合わせて読みたい→無銭飲食した客に店主が激怒するも… 防犯カメラの映像公開でスピード解決

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

万引き 犯人像からみえる社会の陰【Amazonでチェック】

オモチャ万引き電子タバコ話題菓子カウンターイギリス防犯カメラ店主警備員新型コロナウイルスコロナ禍翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング