立浪和義監督の苦戦要因を元中日監督が分析 「選手の野球に対する考え方が…」

中日元監督が、立浪ドラゴンズが苦戦している理由を独自分析。監督経験者のGMが重要?

2023/08/14 02:30


立浪和義

元阪急ブレーブス投手で中日元監督の山田久志氏が、YouTube「名球会チャンネル」で中日ドラゴンズ・立浪和義監督が苦戦している理由を独自分析した。

【動画】山田久志氏が立浪和義監督が苦戦している理由を語る


 


 

■山田氏とパンチ佐藤がトーク

山田氏と元オリックス選手でタレントのパンチ佐藤(佐藤和弘)がトークをした今回の動画。佐藤は「立浪ドラゴンズがここまで、こう来ちゃったのは(最下位)、どう見ていますか? 監督というのは難しいですね」と質問する。

すると山田氏は「チームを変えていくときは、やっぱり難しいんじゃないのかな」とコメントした。


関連記事:徳光和夫、巨人・坂本勇人の完全復活を予告 「きっかけ掴んだ」

 

 

■苦戦の要因は…

佐藤から「名古屋は独特ですからね」と声をかけられると「私も2年やらせてもらったけど。ただ、私と立浪はぜんぜん違うからね。 彼は名古屋でも1番の人気選手で、全員がバックアップしているという体制のもとでスタートしたからね」と山田氏。

さらに「なにがつまずいてしまったと思いますか?」という質問には「立浪監督ともちょっと話す機会があって、じっくり話したときがあるんですけども、自分が引き受けたときに『こうやろう』と思ってスタートしたんだけども、この数年間の選手の野球に対する考え方が、少し生ぬるい」と指摘した。


関連記事:ビシエド登録抹消でファンに衝撃走る 「悪夢かよ」「あの成績で…」

 

 

■チームを変える段階

山田氏は続けて「勝ちに飢えているとか、優勝したいとか、自分はこうなりたいっていう。それが少しほかのチームよりも感じない」と話す。

佐藤も「彼はPL学園から18歳で中日に入って1年目からレギュラーで、星野監督のもとでのベンチのムード。勝つんだという。ああいうイメージで行きたかったところが、なんかフワッと。あれ、どうしたんだろうと」とコメント。

すると山田氏は「自分が外で見ている中日の選手が、『こうしたらこうなるだろう』と思ったのが、意外とそうじゃなかったっていうところに気がついて。 それであわててチームを変えていく段階。これがなかなか今、うまく行かない」と分析した。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■怒れないことも要因?
野球名古屋中日ドラゴンズパンチ佐藤立浪和義GM山田久志
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ