20代でプチ整形に依存し散財 「老いが怖い」と悩む女性へのアドバイス

ボトックスやフィラーに依存し、「これがなければ醜く老いる」と信じ込んでしまった女性。恋人にも「プチ整形はやめたほうが…」と言われているが、決心できないままだ。

2023/08/19 19:30

整形・ボトックス・注射

老いとは無縁の20代にもかかわらず、プチ整形に依存し「やめられなくなった」という女性。その悩み相談が話題を集めている。



 

■20代で始めたプチ整形

海外で暮らす女性は、現在29歳。しかし今から何年も前に眉間のシワが気になり始め、友人に相談したところ「ボトックス注射が効果的だよ」と聞かされた。

そこで4年前に近くの美容クリニックに行き相談したところ、いくつかの治療を提案されたとのこと。思い切って受けたプチ整形の結果に女性は大満足し、コンプレックスからも解放されたそうだ。


関連記事:高須克弥院長、整形外科医としての過去に称賛の嵐 自衛隊からの感謝状を公開

 

■何をしても満足できず

女性はそれを機にたびたびクリニックに通うようになり、「前より若く見えるようになった」「肌もなめらかになった」と感じていた。しかし最近では、どんなに治療を受けても納得できない自分がいる。

今気になっているのは、疲れた表情に見えてしまう両目の下の部分だ。現状の治療に納得できなくなっているため、「これまでとは違う美容クリニックに行くべきなのかもしれない」と思案している。


関連記事:500万円かけ全身の美容整形に挑んだ女性 「私を捨てた男へのリベンジ」

 

■お金もかかり悩むように

別のクリニックに行けば、有料のカウンセリングから受け直す必要がある。これまでボトックスやフィラーに大金を費やしてきたのに、経済的な負担は増すばかりだ。

恋人(30)は「きれいだよ」「もうプチ整形なんてやめなよ」と言ってくれるが、女性はその言葉さえ信じることができない。「彼は優しいだけ」「プチ整形をやめれば私は老けて醜くなる」と思い込んでいるのだ。

今後どうすべきか決めかねている女性が、イギリスのメディア『The Sun』の悩み相談コーナーに投稿し、助言を求めた。


関連記事:遠野なぎこ、整形疑惑をキッパリ否定 過去には“醜い容姿”に悩み考えるも…

 

■「自尊心が低い」と判断

相談を受け付けた回答者は「別のクリニックに行くかどうか」「それはあなたが決めること」としながらも、「治療に問題があるのではなく、自尊心が低いせいでハッピーになれないのではないか」と推測している。

また「だからどんなに治療を受けても満足できず、治療を受ければ受けるほど『もっと必要』という気になるのだと思う」と説明した。

このまま治療を続ければお金は確実に減るし、精神的にも良くない。そこで回答者は「ここでプチ整形を受けるのはやめて、自尊心を高める努力をしてはどうか」「29歳なのですから、ボトックスなしでも老けて見えたりはしない」とアドバイスしている。

・合わせて読みたい→遠野なぎこ、整形疑惑をキッパリ否定 過去には“醜い容姿”に悩み考えるも…

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

あなたがもっと美しくなる!心のプチ整形【Amazonでチェック】

プチ整形自尊心ボトックスフィラー美容クリニック翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング