息子の部屋で母親が遺体を発見 30代女性と判明も容疑者は行方不明

「ガスの臭いがする」と感じ、原因を調べるために息子の部屋に入った母親。そこで想定外の物を発見し、すぐに警察に連絡した。

2023/08/20 06:00

ドアノブ

母親が20代息子の部屋に入り、ビニールに包まれた女性の死体を発見。すぐに警察に通報したこと、またその後に判明した女性の身元などについて、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えている。



 

■息子の部屋にあった遺体

アメリカ・カリフォルニア州で暮らす女性が、家の中で嫌な臭いが漂っていることに気付き、原因を調べ始めると20代の息子が使っている部屋に行き着いた。

「ガス独特の臭いがする」と感じて室内を確認した女性は、ビニールに包まれている大きな物を発見。中身が遺体であることが分かり、すぐに警察に通報した。


関連記事:13歳弟が姉をメッタ刺しにして逮捕 動機は「お姉ちゃんがうざかった」

 

■遺体の身元が判明

通報を受け現場に急行した警察は、遺体を回収してただちに捜査を開始。遺体の身元について「30歳の女性」「ハンナ・コリンズさんであることが判明した」と発表した。

ハンナさんは、2週間前に誕生日を祝ったばかりだった。女性の息子との関係、死因、死亡した時期など詳しいことは伏せられている。

一方の息子については、「26歳でヒスパニック系」「身元確保には至っていない」とのみ発表。捜査の進展について複数のメディアが問い合わせているが、今のところ返事はないという。


関連記事:母親が11歳の息子をベルトで絞殺 「お金の苦労させたくなかった」

 

■厳しい意見が噴出

この件に関して複数メディアが報じられると、「『息子の部屋に遺体があった』と通報した母親は立派」「多くの親は迷わず子供をかばってしまうもの」などさまざまなコメントがSNS上に書き込まれている。

また「息子は26歳、子供じゃないんだから自立させたほうがよかった」「どんな母親なのか知らないが、結局は殺人犯を育てたようなもの」といった厳しい意見も上がった。

警察の対応に激怒している人も多く、「息子に関する情報をありったけ市民に知らせるべきではないか」「人を殺した可能性があるんだから、せめて名前や写真は公開してほしい」といった声も出ている。

・合わせて読みたい→母親に放置された赤ちゃんが腐乱死体で発見 餓死の可能性も

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

イラストですぐわかる!息子のトリセツ (扶桑社BOOKS)【Amazonでチェック】

母親アメリカ息子話題ガス遺体ビニール翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング