死亡したはずの女性の墓から声や音が… 遺族は「埋葬から11日間生きていた可能性も」

死亡したはずの女性の葬儀を行い遺体を埋葬したが、墓から妙な音やうめき声が…。長いあいだ生き埋め状態だった可能性が高いと、遺族は考えているようだ。

2023/08/20 06:30

お墓

亡くなったはずの女性の墓からうめき声が…。中を確認するため棺を掘り起こしたところ、「衝撃的な事実が判明した」という家族の話を、『LADbible』など海外メディアが紹介した。



 

■墓の下からうめき声が…

2018年のこと、ブラジルで暮らしていた女性が、37歳の若さで「敗血症性ショックと二度の心臓発作で亡くなった」と死亡を宣告された。

遺族は葬儀を執り行い遺体を埋葬したが、その後に奇妙な話を聞いて困惑することになった。墓地を訪れる人たちから、「墓の下からうめき声や音が聞こえる」といった声があがり始めたのだ。

ある人は墓前に立った瞬間を振り返り、「中から、バンバンと(棺を)叩くような音が聞こえたんです」「墓地で遊んでいる子供たちのイタズラかと思ったのですが、直後に女性のうめき声が二度も聞こえて…」「その後に音はやみました」と証言した。


関連記事:母親の遺体をミイラ化させ13年も「同居」した息子 狂気的な行動に実刑判決か

 

■墓を掘り起こして判明した事実

もしかすると、女性は生きているのかもしれない。そう考えて棺を掘り起こした遺族と関係者らは、遺体を見て衝撃を受けた。

両手首とおでこに傷ができており、棺の内部に血がついていたからだ。また棺の蓋はきちんと固定してあったはずなのに、釘が緩んでいることも明らかになった。

「埋葬した時にはこんな傷はなかった」と固く信じている遺族は、女性が11日間ほど棺の中で生きていた可能性が高いと考えている。さらに掘り起こした時点で「女性の体がまだ温かい」という声もあがったというが、真相は分かっていない。


関連記事:映画『バービー』人気でピンクの棺桶が流行? 「死後もファンでいられる」特別製

 

■生きた状態では発見できず

生きている可能性を信じたかった遺族だが、女性はすでに息絶えていることも判明。警察もこの件について調査したが、うめき声や棺を叩く音については、単なる噂だった可能性が高いと判断したようだ。

結局は当局も「生き埋めにされたわけではない」と結論づけたというが、真相を知る人はいない。

・合わせて読みたい→「死んだはず」の女性が通夜で棺を内側から叩く 脳卒中で死亡宣告から8時間後

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

生きてゐる幽霊 (風々齋文庫)【Amazonでチェック】

墓地ブラジル話題遺族生き埋め遺体心臓発作埋葬翻訳記事敗血症性ショック
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング