実の娘に子供を産ませた父親が逮捕 「自宅軟禁」判決が物議を醸す

娘に妊娠出産させて罪に問われた父親。知的障害があるなどの理由から刑務所行きを免れたことで、賛否の声が上がった。

2023/09/18 16:00

赤ちゃん・ママ・母親

カナダで娘に自分の子供を産ませた父親が、近親相姦罪で起訴されていた事件において、裁判所が父親に自宅軟禁を言い渡した。『Daily Mail』『National Post』などが伝えている。



 

■娘が実父の子を妊娠出産

2019年夏、カナダ・ノバスコシア州の病院である女性(当時23)が出産した。赤ちゃんは発育遅延が見られ、重篤な合併症があったという。

その原因を探っていた遺伝専門医は、女性が新生児集中治療室を訪れた際に彼女の携帯電話を見て、父親(59)に性的なメールを送信していることを知った。

血縁者との間に生まれた赤ちゃんなら、症状にすべて説明がつく。そう感じた専門医が女性を問い詰めたところ、実の父親との子であることを認めたようだ。


関連記事:女性お天気キャスターの熱狂的ファンがストーカー化 SNSで性的アピールを続け逮捕

 

■近親相姦罪で父親が逮捕

すぐに警察が呼ばれ、近親相姦の疑いで父親が逮捕された。カナダでは血縁関係のある父母、子供、兄弟姉妹、祖父母、孫との性的行為を法律で禁止しており、違反すれば最低2年、最大14年の禁固刑に処されるという。

その後、起訴された父親の裁判が始まり、2022年6月に近親相姦で有罪、2年の自宅軟禁が言い渡された。検察側は判決を不服として控訴。過去の同様ケースから、4年から5年の禁固刑が妥当で「判決は軽すぎる」として、争う姿勢を見せた。


関連記事:性暴行被害をでっちあげた女に捜査費用賠償命令 夫への裏切りを隠すため…

 

■父親に自宅軟禁の有罪判決

最近になって開かれた控訴審で、裁判長は第一審の判決を支持し、自宅軟禁の判決を言い渡した。その理由を、父親は反省して再犯の可能性が低いこと、また娘が未成年者でなく、性的同意があった点を挙げた。

加えて父親も娘も知的障害があり、社会的弱者でもある黒人であるからとして、過去の判例を適用するのは難しいと説明した。

判決を受けて、検察は上訴するか検討中だ。なお2人の間に生まれた赤ちゃんも知的障害があり、現在は里親の元で暮らしているという。


関連記事:20代男が求婚を拒む少女に灯油を浴びせ着火 目撃した弟が気丈に証言

 

■裁判所の判決に賛否の声

このニュースが報道されると、SNS上では「施設に入るほどでもない障害者の犯罪は難しい」「判決は妥当だと思う」「性的同意しているなら、罪に問うこと自体が間違い」など、裁判所の判断を支持する声が上がった。

その一方で、「近親相姦はまぎれもなく犯罪。有罪で刑務所に行かないのはおかしい」「娘も共犯。罪に問うべきだ」「2人を離さないと、また不幸な子供が生まれる」などと、批判的な声も集まっている。

・合わせて読みたい→20代男が求婚を拒む少女に灯油を浴びせ着火 目撃した弟が気丈に証言

(取材・文/Sirabee 編集部・宮 ちてら

街場の親子論 父と娘の困難なものがたり【Amazonでチェック】

父親出産赤ちゃん話題カナダ合併症近親相姦再犯知的障害裁判所新生児集中治療室翻訳記事控訴審禁固刑血縁者自宅軟禁発育遅延遺伝専門医
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング