再婚相手の娘2人による嫌がらせに嘆く女性 「悪質な嘘までつかれ限界」

夫が前妻ともうけた娘2人に毛嫌いされ、嘘までつかれた女性。「どう扱えばいいのか分からない」という相談が、話題を集めている。

ストレスのある女性

夫の娘たちにどんなに嫌われても、じっと耐えてきた女性。しかし嫌がらせがエスカレートし、「虐待された」といった嘘まで言いふらされてしまった。



 

■再婚相手に2人の娘

海外で暮らす女性(40)は、12歳の息子をひとりで育てていた。そんななか良縁に恵まれ、今から2年前に離婚歴のある男性(45)と結婚した。

夫のほうには、前妻とのあいだに生まれた娘が2人(13、9)。結婚以降は娘たちとも定期的に顔を合わせているが、女性は「パパの再婚相手」という理由で、娘たちに嫌われてしまったようだ。


関連記事:夫の元愛人が娘に連絡し浮気詳細を暴露 真相を知った妻は「今後どうすれば…」

 

■嫌われ悪意ある嘘も

難しい年ごろの娘2人は、「このおばさんのことが嫌い」という態度を隠そうとさえしない。家に遊びに来るときは手料理も出しているが、女性が作った物には一切手を付けない徹底ぶりだ。

女性の隣には絶対に座らず、名前で呼ぶこともない。すぐにキレて叫ぶ娘たちは、平気で嘘をつくこともある。先週は夫の前妻であり実の母親に女性のことを聞かれ、「あのおばさん、私たちを叩くの」と大嘘をついた。

「夫の子をどう扱えばいいのか」と悩む女性が、イギリスのメディア『The Sun』の悩み相談コーナーに投稿し、助言を求めた。


関連記事:産後太りの妻に魅力を感じない夫 「スリムだから好きになった」発言に批判続々

 

■「子供は変わる」と期待も

相談を受け付けた回答者は「抵抗されて、本当につらいでしょう」「でも忘れてはいけませんよ」「子供はどんどん成長し変わるものです」と女性を励ました。

またこのトラブル全般については夫と話し合うようアドバイスし、「『越えてはいけない境界線』を娘たちに示すよう、ご主人にお願いしてみて」「嘘を『嘘だ』と指摘することから始めてはどうか」と助言している。

「夫の子だから仲良くしたい」と思って頑張っても、「パパは私たちのママと一緒にいるべき人」と考える子供たちに抵抗されても不思議ではない。家族になるのは無理でも、ゆっくり時間をかければ理解し合える可能性はある。

・合わせて読みたい→上の階の住人宅から絶えず大きな足音が… 「大家に騙された」と女性が悲鳴

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

子連れ再婚を考えたときに読む本【Amazonでチェック】

結婚離婚手料理話題再婚前妻翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング