注文した覚えのないコンドーム1020個が届いた女性 海外で巧妙な手口の詐欺が増加

ある日、注文していないコンドームが届き、約5万2,000円を請求された女性。無作為に商品を送りつける「ブラッシング詐欺」という手法だという。

2023/09/24 09:00

宅急便・宅配・配達・配達人・荷物・段ボール

カナダに住む女性宛に、注文していないコンドーム1,020個が入った大きな箱が送りつけられ、495カナダ・ドル(約5万2,000円)を請求された。増加するECサイトを使った詐欺と対策について『UPI』や『Vigour Times』が伝えている。



 

■大量の届け物に困惑

カナダ・オンタリオ州に住むジョエル・アングルハートさんが、Amazonからの届け物を受け取り箱を開封すると、そこには1,020個ものコンドームが入っていた。

アングルハートさんには注文した覚えはなく、夫は病気療養のため入院中だったため、すぐに詐欺だと気付いたそうだ。

アングルハートさんは地元の『CTVニュース』のインタビューに答え、「箱を受け取ると、34個入りのコンドームが30箱入っていました。なぜ私たちの家にこの荷物が届いたのか本当に理解できませんでした」と振り返る。

さらにアングルハートさんの困惑に追い打ちをかけるように、後日クレジットカードに495カナダ・ドル(約5万2,000円)の請求があったという。


関連記事:ウーバーイーツ「写真詐欺店」は法的にアウト? 弁護士は景品表示法違反の恐れを指摘

 

■無作為に発送する詐欺

サイバー専門家は、「ブラッシング詐欺」と呼ばれる手法であると指摘した。

この手口は、まずAmazonの販売者が無作為の住所に荷物を送りつけ、後日クレジットで代金を請求。同時にハッキングしたアカウントを使い、好意的なレビューを書き込み、本人が購入したかのように見せかけアリバイを作る。そんな極めて用意周到な詐欺手法だという。


関連記事:身に覚えない不在票、その正体にゾッとした… 「絶対許さない」と怒りの声相次ぐ

 

■各地で同様の被害

アメリカ・ヴァージニア州プリンス・ウィリアム郡に住むシンディ・スミスさんも、今年初め同じように注文した覚えのない荷物を100個以上受け取り、Amazonに発送した業者について調査を求めた。

調査の結果、この業者が自社のフルフィルメントセンターから売れ残った在庫を処分するために、無作為の住所に荷物を発送していたことを突き止めたという。

ルポ 特殊詐欺【Amazonでチェック】

次ページ
■アカウントが盗まれた可能性
コンドームクレジットカードamazonレビュー話題アカウントカナダパスワードハッキング返金ECサイトブラッシング詐欺請求書翻訳記事カスタマーサービスサイバー専門家アリバイ商業改善協会
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング