「大学の奨学金返済が残り、やりたい仕事もない」 現状を嘆く女性への助言は…

大学の奨学金の返済に追われているのに、今も無職の女性。自分にどんなスキルがあるのかも分からないため、仕事を探すことさえできずにいる。

2023/09/24 19:00

怒り・絶望

大学を中退した40歳の女性が、どんな仕事をすべきなのかさえ分からず、経済的ストレスがマックスの状態で参っているという。そんな投稿に、『New York Post』などアメリカのメディアが注目した。



 

■「何をしたいのか分からない」

海外で暮らす女性は、まもなく40歳。しかし今なお「何をしたいのか分からない」という悩んでおり、自分がどんなスキルに恵まれていて、どんなことに興味があるのかが分からない。

そこで適性検査、IQ検査、性格検査などを受けてみたが、その結果を見ても答えは出なかった。仕事の選び方、また選んだ後にどう動くべきなのかも含め、さっぱり分からないのだ。


関連記事:エリート街道突き進む弟に「嫉妬してしまう」 悩む兄にアドバイス続々

 

■大学の奨学金返済に追われ…

この性格が災いし、大学に通っていた頃は学部変更を連発。結局はすべてを投げ出し、卒業はあきらめたという。現在は家族の家で暮らしているが、無職のため経済的ストレスはかなり大きい。

大学に通うために借りた奨学金も返済が困難で、残り2万5,000ドル(約369万円)の捻出を迫られている。

このような状態のため、車を買う余裕もない。お金の不安、精神的ストレス、それに加えてあまりにも低い自尊心が女性を苦しめている。そこで人生相談コラム『Dear Abby』に悩みを投稿し、「アドバイスをください」とリクエストした。


関連記事:20代でプチ整形に依存し散財 「老いが怖い」と悩む女性へのアドバイス

 

■「惰性が元凶」という判断

投稿を受け付けた回答者は、「まずは奨学金の返済が免除になるか、ネットで調べてみましょう」と提案。また仕事については「食費と家賃を払えるだけの収入が得られるように、とにかく場所を選ばず働いてみなさい」と助言している。

またこの女性の場合、「カウンセリングが自尊心アップにつながる可能性もある」「惰性から抜け出せずにいること。それがあなたの問題なのです」と指摘し、最初の一歩を踏み出すようアドバイスしている。

・合わせて読みたい→博多大吉、奨学金の間違った“説”を信じて大失敗 「借りた何倍ぐらいで…」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

適職さがし: ありのままのあなたが輝く仕事の見つけ方【Amazonでチェック】

大学仕事ストレス卒業カウンセリングIQ奨学金スキル翻訳記事適性検査
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング