江川卓氏、プロ野球・ベストナイン賞の選出方法を疑問視 「基準がみんな違う」

江川卓氏がベストナインの選出方法が記者投票となっていることに不満を吐露。チャンネルスタッフとバトルも。

2023/10/31 00:15


元読売ジャイアンツの江川卓氏が自身のYouTubeチャンネルで「ベストナインの選出方法」を疑問視した。

【動画】江川卓氏がベストナインの選出方法を疑問視


 


 

■ベストナインを選ぶはずが…

スタッフから「ベストナインを選んでほしい」と依頼された江川氏。投手、捕手と選んだところで、一塁手を読売ジャイアンツの岡本和真選手と阪神タイガースの大山悠輔選手で迷ってしまう。

ここで江川氏が「どっちが入れるか、投票する人がでしょ。誰が決めるんですか?」と質問。スタッフが「記者です」と回答すると、江川氏は「記者? 記者?」と怪訝そうな表情を浮かべた。


関連記事:大谷翔平の165キロも… 江川卓氏がスピードガンを「速く出す方法」を解説

 

 

■岡本選手の守備位置に問題?

なにかスイッチが入ったような様子の江川氏は「ファーストだったら大山さんか岡本さんになるんですよ。大山さんもいいけれど、ホームラン王だから岡本さんが選ばれる可能性が高い」と話す。

続けて江川氏は岡本選手が今シーズン三塁と一塁でほぼ半々で試合に出場していること、首位打者の宮崎敏郎選手が三塁を守っていることから、「宮崎選手がいるうえに、岡本選手の票が三塁と一塁で割れ、ベストナインをとれない場合がある」と指摘する。

そして「幹事がいるなら、どっちでやりましょうと、岡本くんは今年はサードかファーストか決めてあげないと、決めたうえで選ばないとおかしくなる。そういうシステムがあったから。当事者がいるから言っている」と語気を強めた。


関連記事:中日ドラゴンズ・柳裕也の無援護状態に江川卓氏が絶句 「直近8試合で3得点は…」

 

 

■スタッフに反論

スタッフの1人は「それはそれで仕方がないことです」とバッサリ切り、江川氏が「仕方がないことはないでしょ? ホームラン王が入らないって」と反論。

しかしスタッフは「あくまでもベストナインというのは選手に対する印象が加味されるので。記録とかチームへの貢献度を総合的に見るのがベストナインで、守備を重視するのはゴールデングラブなんですよ」などと指摘した。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■記者の基準は…
野球江川卓沢村賞岡本和真ベストナイン宮崎敏郎記者投票
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング