怒った医師が手術をストライキ 理由は「頼んだ紅茶が出てこなかったから」

看護師ら頼んだ紅茶が運ばれてこなかったことに怒り、その後の手術を放棄した医師。あってはならない問題が起こってしまった。

2023/11/19 13:30

メス・手術

医師は日々神経を使う職業だが、手術を担当するともなれば、その疲労や緊張は相当なものだろう。しかし、だからといって身勝手な理由で手術を中断するなど、言語道断だ。

ある医師に大変な非難が寄せられていることを、イギリスの『Daily Mail』や『Sky News』が報じた。



 

■スタッフに紅茶をリクエスト

問題になっているのは、インドの中央部に位置するナグプールで産婦人科医をしているテジュラン・バラヴィ医師。3日、市内の保健センターで女性8人の避妊手術を行うことになっていた。

4人の手術を終え、残り4人の女性に麻酔をかけたところで、バラヴィ医師は看護師やスタッフに「紅茶をここに運んでほしい」と頼んだという。


関連記事:手術ミスを隠すため医師が患者の死亡時刻を捏造 真実を知った家族が病院を訴え

 

■誰一人紅茶を用意せず

ところが休憩から戻ったスタッフたちは、バラヴィ医師からの要望をことごとく無視。激怒したバラヴィ医師は残りの手術を放棄し、手術室を去ってしまった。

慌てた保健センターの管理者は、地区の医療施設から急きょ代わりの医師を派遣してもらい、何とか事なきを得たという。

このトラブルの発覚後、ナグプール地区の責任者であるソウミャ・チャルマ氏は、「医師のかなり身勝手な理由であり、極めて深刻な問題だ」と世間に訴えている。


関連記事:80年間も脳に釘が刺さっていた女性 戦時の口減らし「子殺し」から生き延びたか

 

■責任者は刑事告訴を要求

チャルマ氏はまた、「たった1杯の紅茶で重要な医療処置を放棄するなど、法的責任を問われるべき案件だ」として、刑事告訴を求めた。

これを受け、当局はバラヴィ医師や当日のスタッフたちから事情を聞くなど、現在も捜査を行っている。

世間からは「変な医師ってたまにいるよね」「8人の手術を1日でっていうのも負担が多すぎる」など、さまざまな反響があるようだ。


関連記事:トランスジェンダー女性の診察を断った男性婦人科医 「本物の女性限定」発言で物議

 

■医師によるトラブルは米国でも

医師の怠慢や確認不足により甚大な被害は、世界各地で起きている。

2022年12月、アメリカ・シアトルのワシントン大学附属病院で、虫垂の切除手術を受けたジョージ・ピアノさん(72)は、術後にも激しい痛みが続いたため検査を受けた。

すると、虫垂ではなく大腸の一部を切除していたことが発覚し、さらに4回の手術が必要となった。ジョージさんは重大な医療ミスだとして、損害賠償を求める訴訟を起こしている。

・合わせて読みたい→トランスジェンダー女性の診察を断った男性婦人科医 「本物の女性限定」発言で物議

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

医者とはどういう職業か【Amazonでチェック】

インド看護師医師話題紅茶産婦人科医療ミス告訴避妊手術翻訳記事ナグプール
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング