深田恭子、破局報道の杉本宏之氏と乗り越えた「2年前の苦境」 結婚も視野に入れて…

深田恭子と実業家の杉本宏之氏が破局したことが発覚。ふたりは将来を見据えて交際していたようで…。

2023/12/06 12:15


深田恭子

6日、深田恭子がかねてから交際していた不動産会社『シーラホールディングス』の会長・杉本宏之氏と破局したことが発覚。「結婚説」も囁かれていたふたりの恋にピリオドが打たれ、ネット上で驚きの声があがっている。

杉本氏は、深田が苦しい時も支えになっていたようで…。

【合わせて読みたい】深田恭子、3年ぶり連ドラ主演で囁かれる評判 現場での「行動」を周囲も絶賛


 


 

■交際を認める発言も…

深田と杉本氏の交際が発覚したのは、2019年のこと。その後も、一部メディアでふたりで旅行に行ったり、深田の実家を訪れたことが報じられていた。

21年6月には、杉本氏が自社のイベントに関する会見で、報道陣からプライベートで支えたい人はいるか聞かれ、「お答えは難しいですが、支えていきたいです」と、事実上交際を認める発言も…。着実に将来へ向けて歩んでいる印象だった。


関連記事:『ラヴィット』川島明、第3子出産のギャル曽根に掛けた“言葉”に称賛の嵐 「素敵すぎた」「最高の職場」

 

 

■苦しい時の支えに…

深田にとって、杉本氏は苦しい時の支えになっていたようだ。あるテレビ局関係者は、「深田さんは21年に適応障害の治療のため、芸能活動を休止していました。杉本さんは休止期間中もこまめに連絡していたそうです。深田さんは根を詰めてしまうことがあるので、頑張りすぎていないか心配だったのでしょう」と語る。

杉本氏の献身サポートもあり、復帰を果たした深田。昨年1月1日には、『日刊スポーツ』が22年に入籍する方向で調整していると報道。

前出のテレビ局関係者は、昨年の結婚報道についてこう振り返る。「昨年1月時点では、具体的なことは何も決まっていなかったそうです。ただ、22年は深田さんが40歳を迎える節目の年だったこともあり、将来に向けて話を進めていたようです」(前出・テレビ局関係者)。


関連記事:『ラヴィット』川島明、第3子出産のギャル曽根に掛けた“言葉”に称賛の嵐 「素敵すぎた」「最高の職場」

 

 

■別の男性との「密会報道」も…

6日、『スポーツニッポン』で報じられた内容によれば、今年11月に杉本氏が深田の実家を訪れ、今年ゴールインする可能性もあったという。ただ、『スポニチ』は、深田が19年に主演を務めた『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の演出家の男性と東京・六本木のバーで会ったり、深田の自宅マンションを訪れていたなど、かなり親しい関係にあったと指摘している。

杉本氏は複数のメディアの取材に対し、「お別れしたのは事実です」とコメント。「2年前の苦境」も共に乗り越え、将来を見据えていたふたりに何があったのだろうか…。


関連記事:博多大吉の“ひと言”で『ブギウギ』橘アオイ役・翼和希がテレビの前で大号泣 「なんてことを…」

 

 

■執筆者プロフィール

斎藤聡人:1991年生まれ。『Sirabee』編集部記者。

某週刊誌の芸能記者を経て現職に。ジャニーズネタなど、芸能ニュースを中心に様々なジャンルを取材する。

チェーン店からローカル店まで様々な飲食店をめぐり、グルメ記事も手がける。仕事も兼ねた毎日のドラマ鑑賞が日課。

今期の推しは、『コタツがない家』(日本テレビ系)、『いちばんすきな花』(フジテレビ系)、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)。

・合わせて読みたい→博多大吉の“ひと言”で『ブギウギ』橘アオイ役・翼和希がテレビの前で大号泣 「なんてことを…」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

『初めて恋をした日に読む話』【Amazon】

結婚交際破局深田恭子杉本宏之
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ