ピットブル3頭に襲われた女性が重傷 両脚の膝から下を切断する事態に

ピットブルに襲われ、絶叫した女性。病院に救急搬送されたが予想以上にひどい傷を負っており、両脚については膝から下を切断するはめになった。

ピットブル

近くの家で暮らす人たちが女性の悲鳴に驚き、ただちに通報。駆けつけた警察官が犬3頭を射殺し女性を保護するまでの経緯を、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えた。



 

■悲鳴を上げた女性

11月24日午前、アメリカ・アイオワ州フォート・ドッジで暮らすブリタニー・スコランドさんが、自宅のすぐ近くでピットブル3頭に襲いかかられた。

「助けて!」という悲鳴を聞いた隣人の通報を受け、現地警察がただちに出動。ブリタニーさんを発見し暴れるピットブルを追い払おうとしたが、3頭は怯みもしなかった。

非常に危険な状態だと判断した警察官は、ブリタニーさんを救うため3頭を射殺したという。


関連記事:6500グラム超のビッグベイビー誕生に衝撃走る きょうだいも驚きのサイズ感

 

■膝から下を切断するはめに

保護されたブリタニーさんは、フォート・ドッジにあるメディカルセンターに救急搬送されたあと、ヘリで別の病院に移動して手術を受けた。

しかし両膝から下を失い、両手も部分的に欠損している。またひどい頭部外傷を負っており、顔面再建外科手術も必要な状態だ。

おばにあたるテレサさんによると、ブリタニーさんの怪我は親族が想像していた以上にひどく、退院しても以前のような暮らしはできそうにないそうだ。


関連記事:ピットブル7頭にエサを与え中に襲われた母親が死亡 息子が裏庭で多頭飼い

 

■対応に追われる親族

順調に回復し退院できても車椅子生活になるため、早急に家をリフォームする必要がある。その費用を集めるため、テレサさんがインターネットで寄付を募る活動を開始した。

寄せられているお金の使い道について、テレサさんは「車椅子で移動できるようドアを広くしたい」「家に出入りできるようスロープを設置する予定」と説明。ブリタニーさんには子供も複数いるというが、家族に関する詳しい情報は伏せられている。


関連記事:猛犬に襲われた息子を救おうと… 動物好きの母親が両腕を食いちぎられ死亡

 

■襲われ死亡したケースも

今年秋には、ユタ州で暮らしていた60代の女性が息子の飼っていたピットブル7頭に襲われ、脚、手、顔など広範囲に重傷を負った。

その後にメディカルセンターに搬送され脚の切断手術を受けるなどしたが、状態は良くならず、約1週間後に死亡したと報じられた。

・合わせて読みたい→猛犬に襲われた息子を救おうと… 動物好きの母親が両腕を食いちぎられ死亡

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

マンガ動物行動学 犬の気持ちとしぐさがよくわかる!【Amazonでチェック】

寄付アメリカ話題リフォームピットブル車椅子アイオワ州翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング