元木大介氏、読売ジャイアンツコーチを退任した理由を告白 「自分の仕事場が…」

元木大介氏が今季限りでコーチを退任した理由を告白。次期監督候補にも上がっていたそうで…。

2023/12/10 01:30

元木大介

前読売ジャイアンツコーチの元木大介氏が、高橋尚成氏のYouTubeチャンネルにゲスト出演。今季限りで退任した理由を語った。

【動画】元木氏がコーチ退任の理由を語る



 

■コーチ退任を決めた時期は?

スタッフから「コーチの退任を決めたのはいつ?」と質問された元木氏は「シーズン終わってちょっとしたら、辞めようと思いましたね」と語る。

続けて「優勝もしていないし、作戦内野守備って肩書きがあったけど、できてないと思っていたから、迷惑がかかると思ったから」とコメント。

高橋氏から「やりきった感があった?」と問われると「あったよ、やりきったというのもあったし、なんかわかるじゃん、入ってたら。自分の立場っていうのがさ、必要なのか必要じゃないのか感じてくるから。監督も代わるしと思って」と説明した。


関連記事:元木大介コーチ、岡本和真にWBC金メダルかけられ満面の笑み 「お疲れ様やで」

 

■「自分の仕事場が見えてこない」

元木氏は高橋氏から「追いやられていた感はあったんですか? ヘッドコーチをやって、端のほうに寄せられる、サラリーマンでいうと窓際族みたいな」と質問されると「作戦コーチという肩書きがついて、やろうと思ったけど、正直なにもできなかった」と語る。

続けて「必要ないと一瞬感じたときはあったけど、内野の守備は責任を持ってやろうと思っていて。またそこで川相さんとかも入ってきているから、じゃあ自分は必要ではないんじゃないかとなってくるし。自分の仕事場というのがちょっと見えてこないというのがあったから、それは選手に対しても失礼だし、チームにとっても良くないと思った」とコメント。

そして「もう必要ないだろうなと思ったから、辞めた感じだね」と話した。


関連記事:元木大介コーチの妻・大神いずみ、履正社野球部の長男に感謝 甲子園敗退も…

 

■配置転換は「しんどかった」

選手から退任を惜しむ声があったことを明かした元木氏は「そういうので考えることはあったけど、しがみついているように見えるのは嫌だし、正直ゴマをすってまでやりたくないから。ゴマをするのが俺は1番嫌いなんだ」と説明する。

また、昨年ヘッドから作戦兼内野守備コーチに配置転換された際に「辞めますということを言って、辞めることになっていた」と元木氏は明かす。

そのうえで「そのへんはしんどかったけど、監督から直々に言われたから、もう1年がんばってみようかなと思ったけど、もういいかなと」と話していた。


関連記事:読売ジャイアンツ、“イケメン投票”開始 Mattメイクの4選手に元木大介氏も反応

 

■リーグ連覇に貢献

元木氏は2019年に読売ジャイアンツで3度目の監督に就任した原辰徳氏から直々のオファーを受け、一軍内野守備兼打撃コーチに就任。チームのリーグ優勝に貢献する。

2020年にはヘッドコーチに昇格し連覇を達成。2023年はヘッドを阿部慎之助現監督に譲り、一軍作戦兼内野守備コーチに配置転換された。

同氏は非常に野球脳が高く、指導者としての手腕を評価する声も。動画内では今季次期監督の候補に挙がったことも明かしていた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■元木氏がコーチ退任の理由を語る
野球読売ジャイアンツ元木大介原辰徳コーチ高橋尚成
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング