松本人志の件が芸能界を2点転換させる展望 吉本と法令遵守からの転換

松本人志の活動の功罪と「吉本興業の松本」への転換点を辿り、吉本文化からの転換と、「法令遵守から尊敬へ」の展望を考察。

2024/01/14 11:00


ダウンタウン・松本人志『週刊文春』による性加害疑惑で窮地に立たされている松本人志の、お笑い界における現状を分析したい。



 

■松本人志の盛衰

複数の女性の告発があるという想定から、松本の立場は危ういと各所が様々に報道。松本は、 特に90年代には「ごっつええ感じ」 ・「HEY!HEY!HEY!」(フジテレビ系)などで、ダウンタウンとして一世を風靡した。

松本の独特さは著書の『遺書』・『松本』(朝日新聞社)で、自らの笑いをカリスマ的なものにしていった点。

実際に、単にベタな笑いを否定していくことや、笑いの優劣を意識させる影響力を松本は持っただろう。「芸人とはただの人気者ではない」という風潮を、松本がつくったと思われる。


関連記事:松本人志、31年ぶり漫才で決めていた「絶対時事ネタやらない」 その理由は…

 

■松本の低迷期と復活

一方で松本は必ずしもずっと勢いがあったわけでもない。映画監督時代や『爆笑 大日本アカン警察』(フジテレビ系)の00年代後半から10年代前半頃は、松本らの新番組もうまくいっていなかった。

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)や『ワイドナショー』(フジテレビ系)が軌道に乗ることで、CMも多くやるようになり、人気が復活してきたのだろう。


関連記事:松本人志、太田光に『M−1』審査員を生オファー ネット上では話題沸騰

 

■お笑い界のコーディネーター・松本

「水ダウ」は、企画をTBSプロデューサーの藤井健太郎氏に任せ、松本自身はVTRを観るタイプの番組であり、松本も仕事のスタンスを変えてきた。

松本は15年から『キングオブコント』(TBS系)の審査員も務めるようになる。「M-1」・「すべらない話」・「IPPON」・「ドキュメンタル」と、コント・漫才・トーク・大喜利・フリー芸とあらゆるジャンルの笑いを、松本は平等に盛り上げようとした。

これは「M-1」によって漫才に偏るお笑い界を是正する仕事であり、批判以上に評価に値するだろう。


関連記事:宮川大輔、松本人志の豪華還暦パーティー報告 芸人大集合写真&初2ショットも

 

■「吉本興業の松本」への転換期

松本にも低迷期はあったわけだが、松本が大きくスタンスを変えた最初のきっかけは、「すべらない話」に見られる。

同番組は、千原ジュニアや宮川大輔・星田英利・「矢野・兵動」の兵動大樹など、ダウンタウンファミリーとは違った吉本のメンバーが多く出演している。

またトークの後には常に「すべらんなぁ~」と締める、昔の松本ならばやっていなさそうな手法を使い出しているだろう。

この辺りから松本も「吉本興業の松本」という立場を強めていき、石橋貴明も疑問を呈していたような「個人芸の笑い」とは違う「団体芸の笑い」が、お笑い界にも浸透していったと思われる。

『週刊文春 2024年1月18日号』【Amazonでチェック】

次ページ
■関西・吉本一強状態からの転換点
ダウンタウン有吉弘行NHKフジテレビ紅白歌合戦タモリ石橋貴明TBSすべらない話松本人志キングオブコント水曜日のダウンタウン吉本興業週刊文春笑福亭鶴瓶ワイドナショー宮川大輔千原ジュニア内村光良コンプライアンスドキュメンタル星田英利矢野・兵動藤井健太郎兵動大樹ごっつええ感じぽかぽかM1グランプリ法令遵守HEYHEYHEYアカン警察IPPON
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング