松本人志、週刊誌報道めぐり文藝春秋を提訴 代理人がコメント「立証してまいりたい」

松本人志の代理人弁護士が、『週刊文春』の報道をめぐり、発行元の週刊文春などを相手取って損害賠償と訂正記事による名誉回復を求めて提訴したことを報告した。

2024/01/22 18:40

ダウンタウン・松本人志

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、『週刊文春』に掲載された記事をめぐり、発行元の文藝春秋などに対して、損害賠償と訂正記事による名誉回復を求める訴訟を提起したことを22日、所属する吉本興業が公式サイトで報告した。



 

■代理人弁護士が連絡

同社では、「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します」と報告。

「本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」とし、代理人弁護士によるコメントを掲載した。


関連記事:松本人志めぐる報道で注目、「法的措置」示唆された週刊誌のその後 裁判になるケースは…

 

■「明確に主張し立証してまいりたい」

代理人弁護士は「本日、松本人志氏は、株式会社文藝春秋ほか1名に対して、令和5年12月27日発売の週刊文春に記載された記事(インターネットに掲載されている部分も含む)に関し、名誉毀損に基づく損害賠償請求及び訂正記事による名誉回復請求を求める訴訟を提起いたしました」と説明。

「今後、裁判において、記事に記載されているような性的行為やそれらを強要した事実はなく、およそ『性加害』に該当するような事実はないということを明確に主張し立証してまいりたいと考えております」とつづり、「関係者の皆様方にはご心配・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます」と結ばれている。


関連記事:霜降り・せいや、W杯で盛り上がる中… 急上昇ランクの1位にツッコミ

 

■芸能活動を休止

松本をめぐっては、昨年12月26日に「文春オンライン」にて、2015年に松本から性加害を受けたとする女性の証言を掲載。翌27日発売の『週刊文春』でも報道した。

吉本興業はこの報道について否定。松本は今月8日、吉本興業を通じて、裁判に注力したいとして芸能活動を休止することを発表していた。

・合わせて読みたい→堀江貴文氏、週刊文春を「社会悪」「廃刊」とバッサリ 取材の手口も暴露

(文/Sirabee 編集部・しばたけろこ

松本人志『火星人の殺し方』【Amazonでチェック】

ダウンタウン損害賠償松本人志吉本興業週刊文春提訴文春オンライン文藝春秋性加害名誉回復代理人弁護士
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング