あの“調味料”で深みのある味が完成 体の芯からポカポカに温まるうどんアレンジ

料理研究家・KUMA氏の旨みたっぷりの塩味うどん。シンプルだが驚くほどコクのある味わいにハマる。

2024/01/30 09:00

旨しお

寒い日には、手軽に作れて温まる一品のレパートリーを持っておくと心強い。そこで、料理研究家KUMA氏のYouTubeチャンネル『くまの限界食堂』で紹介されている「冷凍うどん 旨しお」を実際に作って試してみた。


画像をもっと見る

 

■塩昆布が味の決め手

旨しお・材料

今回のレシピで使う材料はこちら。

・冷凍うどん…2玉分

・白ネギ…約20cm

・鶏もも肉…約200g(鶏もも肉が少ない場合は鶏ガラスープの素を小さじ1足す)

・しょうが…小さじ1(苦手な場合はなくてもOK)

・ごま油…小さじ2

・しょうゆ…小さじ2

・塩昆布…大さじ1(大盛)

・塩…小さじ1(塩昆布を大さじ大盛2にし、塩少々に変更してもOK)

鶏もも肉や塩昆布の量はお好みに合わせて変更しても問題ない。上記のレシピ通り、調味料等で調整しよう。


関連記事:揉むだけでできる… みんな大好きなマヨ風味のチキン料理が簡単なのに激ウマ

 

■鍋ひとつで作れるので手軽

旨しお・ネギ

鶏もも肉は大きめの一口大にカットし、白ネギはななめに切る。白ネギの緑の部分は薬味用に少し残しておこう。

鍋にごま油を入れて白ネギを加え、全体に油をなじませる。この時、軽く焼き色をつけておくのがポイントだ。少しなじんだらすりおろしたしょうがを加え、香りが立つまで炒める。

旨しお・鶏肉

鶏肉を加え、全体がなじんだら水800mlを加えよう。煮込むことで出汁がでるので、しっかり炒めなくても問題ない。

旨しお・水

塩昆布と醤油を入れ、鶏肉に火が通ったら味見をする。味が薄ければ、塩で調整しよう。

旨しお・うどん

このタイミングで冷凍うどんを投入。冷凍うどんは、加熱時間の短縮のために、あらかじめ600wで1分程度温めておくのがおすすめとのこと。少し解凍しておくと、煮込み過ぎずにつるっとした食感に仕上がるそうだ。

旨しお

器に盛って、ネギを散らして出来上がり。


関連記事:揉むだけでできる… みんな大好きなマヨ風味のチキン料理が簡単なのに激ウマ

 

■深みがあって体が温まる一品

旨しお・実食

一口出汁を飲んだ瞬間は、あっさりしているかと思いきや、じわじわ深みのある味わいに変化して驚いた。しょうがの風味も効いていて、寒い日にぴったり。

冷凍うどんを軽くレンチンしているからか、煮込み過ぎず、うどんのつるっとした食感が残っているのもうれしい。鍋ひとつでできるので、体の芯からポカポカになりたい日の手軽なランチなどにおすすめだ。


関連記事:だれウマ氏の「限界塩ラーメン」 数分で作れる本格ラーメンが驚くレベルの美味しさ…

 

■冷凍うどん 旨しお。


関連記事:だれウマ氏の「限界塩ラーメン」 数分で作れる本格ラーメンが驚くレベルの美味しさ…

■執筆者プロフィール

蔵永ゆうこ:毎日を楽しくする“ちょっと気分が上がる家呑み”マニアのライター。

グルメ記事をメインに執筆しており、主にSNSで出会ったときめくレシピを紹介している。
お酒とパン、野球とお笑いに目がない。

・合わせて読みたい→だれウマ氏の「限界塩ラーメン」 数分で作れる本格ラーメンが驚くレベルの美味しさ…

(取材・文/Sirabee 編集部・蔵永ゆうこ

→くまの限界食堂【Amazonでチェック】

時短レシピ冷凍うどん簡単レシピ塩昆布くまの限界食堂KUMAお手軽レシピうどんアレンジ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング