急死した『セクシー田中さん』作者・芦原妃名子さんの胸中に漫画界から寄り添う声 「苦痛を考えたら…」

『セクシー田中さん』の作者・芦原妃名子さんの突然の訃報を受け、『はじめの一歩』の森川ジョージ氏や『のだめカンタービレ』の二ノ宮知子氏など漫画界からは悲しみの声が相次いでいる。

2024/01/30 15:25


セクシー田中さん

人気漫画『セクシー田中さん』の作者・芦原妃名子さん(本名・松本律子さん)の急死を受け、X(旧・ツイッター)では、漫画界からショックや悲しみの声が多くあがっている。

【投稿】悲しみの声相次ぐ


 


 

■ドラマ化でトラブルか

芦原さんは2017年より『姉系プチコミック』(小学館)で連載していた同作は、昨年10月より12月まで日本テレビ系にて実写ドラマ化された。

芦原さんは今月26日、自身のXとブログにて、ドラマ化に際して、制作側とのやり取りを告白。

「漫画に忠実にし、忠実でない場合は加筆修正をする」「ドラマオリジナルの終盤も、原作者があらすじからセリフまで用意し、原則変更しない」ことを条件としたものの、実際には大きく改変されたために加筆修正していたことや、9話、10話の脚本を急遽自身が書いたことなどを明かしていた。

しかし、28日までにこの投稿はすべて削除。ブログは閉鎖され、Xに「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」との言葉がつづられた。28日に関係者から行方不明者届が出され、29日に芦原さんが栃木県内で死亡しているのが発見されたことが報じられた


関連記事:『セクシー田中さん』原作者・芦原妃名子さんが逝去 亡くなる前日には意味深な投稿も…

 

 

■「苦痛を考えたら心が痛い」

芦原さんの訃報を受け、漫画界には衝撃が広がった。『リベンジ・ウェディング』や『リーガル×ラブ』などで知られる安タケコ氏は、「本音を言うとね、誰かを責めたい気持ちでいっぱいですよ。でも芦原先生の『攻撃したかったわけじゃなくて』それがきっと全てかな、と。芦原先生の気持ちを汲んで」とつづる。

「でもね先生、完結まで漫画で読みたかったですよ! 心の底から。大好きなんですよ、本当に」としつつ、「でも作者として未完で終わらせる判断をせざるを得なかった苦痛を考えたら心が痛い。どうか芦原先生が少しでも苦痛から解放されて、心安らかになれていることを祈ります」と悼んだ。


関連記事:『セクシー田中さん』原作者・芦原妃名子さん逝去が波紋 「漫画原作ドラマ」には6割が否定的

 

 

■「全漫画家はわかってた」

『クローバー』『東京アリス』などを手がけた稚野鳥子氏は「信じられない…多分全漫画家は芦原先生の言い分はわかってた。わかってたよ。悲しい…」と大きな衝撃を受けた様子。

『二月の勝者』の高瀬志帆氏は、「まるで身内が亡くなったかのように泣いてしまっています。今回のことで、私も自分の作品を必死で守ろうとしたことを思い出し、自分だけが特別に弱いわけじゃないんだ、と、勇気ももらったし、いつかお会いできたら感謝を伝えようと思ったのに」と悔やんだ。

次ページ
■「他の誰かを追い詰めることになってはならない」
Xツイッタードラマ化末次由紀森川ジョージ高瀬志帆二ノ宮知子セクシー田中さん芦原妃名子安タケコ稚野鳥子
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ