犬に紙幣58万円を食べられた飼い主 「糞をふるいにかけ紙幣を修復」と苦労語る

目を離した隙に愛犬に大金を飲み込まれ大慌ての夫妻。犬の糞から紙幣の破片をかき集め修復を試みたという。

お札・紙幣・1万円札・千円札

愛犬が紙幣4,000ドル(約57万円)の大半を飲み込み、飼い主は大慌て。涙ぐましい紙幣の修復作業について、『UPI』や『CBS NEWS』が報じている。



 

■犬が大金を飲み込む

アメリカ・ピッツバーグ在住のクレイトン・ローさんは2023年12月上旬、自宅のフェンスの修繕費4,000ドルを台所のカウンターに置いていたところ、飼い犬のセシルに食べられるアクシデントに見舞われた。

その時の慌てぶりについて、「30分間目を離した隙でした。部屋に戻ると、現金の破片が地面に落ちていたんです」「妻のキャリーに『あいつが金を食べたんだ、4,000ドルも食べた!』って思わず叫びましたよ」と振り返った。

7歳のゴールデンドゥードルのセシルは、普段は行儀のいい犬で、悪いことをしたことがなかったという。クレイトンさんは「のんびりしていて、面白くて、とても人間的なんです。家具や服を噛んだりもしない。だから余計にショックを受けました」と、愛犬のいたずらに驚いたようだ。


関連記事:食費用の紙幣を娘がチョキチョキ… 母親は困惑しながらテープで繋ぎ合わせ

 

■糞から紙幣を修復

夫妻はセシルの健康を案じて動物病院に駆け込んだが、「至って健康」と診断された。ただし2,000ドル(約28万円)は胃袋の中へと消えており、苦境に立たされた。

銀行に問い合わせると、「テープを貼って修復可能となった紙幣に関しては有効である」という話を聞き、まずがセシルが庭にした糞を回収し、紙幣の破片をかき集めたという。

キャリーさんは「100ドル札の大半はその日の晩に回収できました。けれど残りは2日後にセシルの糞をふるいにかけ、流し台で細切れになった紙を3、4回洗い続けました」と苦労を振り返った。


関連記事:この写真、情報量がカオスすぎる… 社会の本質捉えた「現代の風刺画」と話題

 

■忘れられない思い出に

夫妻は無傷の紙幣を含め3,550ドル(約51万円)の回収に成功したというが、さらに多くのお金を回収できることを期待して、残りの紙幣のかけらをアメリカ合衆国財務省に郵送するつもりだという。

ふたりに悲壮感はなく、「仮に財務省が認めてくれなくても、このハラハラするアクシデントについて、将来息子に『楽しい話』として聞かせることができる」と楽観的に語った。

キャリーさんは「セシルに破れたお札のうち少なくとも1枚は、記念に額に入れようと保管しています。決して忘れることはない思い出ですね」と話している。

・合わせて読みたい→光に当てた五千円に謎の人物出現、偽札と思いきや… 「見覚えはある」とネット民驚愕

(文/Sirabee 編集部・ジェス タッド

紙幣の日本史【Amazonでチェック】

アメリカ話題銀行紙幣修繕費財務省翻訳記事ゴールデンドゥードルピッツバーグ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング