リュウジ氏の『トマトとにんにくのパスタ』は簡単調理で激ウマ これはリピートするレベル…

料理研究家・リュウジ氏の『トマトとニンニクのスパゲティ』はあの有名チェーン店に負けない美味さ。気になる作り方は…。

2024/03/01 04:00

茹でた麺に出来合いのソースをかけて作るパスタも美味しいが、たまには自分で一から作るパスタもまた一興だ。料理研究科・リュウジ氏が有名チェーン店のパスタを更に美味しくした…というレシピを紹介していたため、実際に作ってみることに。

【画像一覧】これはリピートするレベル


画像をもっと見る

 

■あのチェーン店のパスタを再現

今回試すレシピは、リュウジ氏公式YouTubeの「僕が一番旨いとガチで思っているあのチェーン店の看板パスタをやべえほど旨く再現しました【トマトとにんにくのパスタ】」という動画で紹介されているもの。

「トマトとにんにくのパスタ」から推測した人もいるかも知れないが、今回のレシピは『カプリチョーザ』の定番メニュー『トマトとニンニクのスパゲティ』を再現しており、さらにそれを超えるようなレシピになっているそう。必要な材料はこちら。

1.4mmのパスタ:100g にんにく:10g 玉ねぎ:1/4個(60g)ベーコン:35g オリーブオイル:大さじ1 トマト缶:1/2缶 (200g) 塩:小さじ1/3 豆板醤:小さじ2/3 味の素:6振り 水:350cc オリーブオイル:小さじ2 塩:適量


関連記事:リュウジ氏の「虚無トマトパスタ」 ワンパンで作る濃厚トマトソースがヤバい美味しさ…

 

■フライパンひとつで作れる

まずは玉ねぎ、ベーコンをみじん切りにカットしていく。フライパンににんにく5g分の擦りおおろしたら油を引いて炒めていく。今回はフライパン一つでパスタを作っていくため、鍋は必要ない。

いい感じに炒めたら、トマト缶を入れて煮詰めていく。ここでしっかりと加熱することで酸味が飛び甘みや旨味が凝縮されるわけだ。水分が飛びしっかりと煮詰まったら、塩、豆板醤、味の素、水を追加し沸騰したらパスタを入れていく。

煮詰まっていき残り30秒になったタイミングで、残ったにんにくをすり下ろし、オリーブオイルをいれていく。これで生のにんにくの風味も追加していく。


関連記事:イオンおすすめの「焼きパスタ」がハマるおいしさ 旨味と甘みがたまらない…

 

■これめっちゃ美味いぞ!!

完成したパスタがこちら。しっかりと煮詰めているためねっとりとしたソースに仕上がっているのが印象的だ。

実際に食べてみると、トマトの旨味とにんにくの香りがガツンと伝わってきて激ウマ。コンソメを使っていないためビーフの風味などがなく、そのためトマトや玉ねぎの甘味や豆板醤のコクや辛味などがより鮮明に感じられる。

ねっとりとした食感も心地よく、これはまたリピートしたくなるレシピであった。材料も少なくて、調理も簡単な『トマトとニンニクのスパゲティ』、気になった人は試してみては。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■画像一覧
レシピYouTubeパスタ人気トマト話題リュウジ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング