ペットの毒トカゲに手を噛まれ男性が死亡 違法飼育に「自業自得」の声

ペットに手を噛まれた飼い主の男性が死亡した。噛まれたのが「愛玩飼養禁止」の毒トカゲだったことで、男性に厳しい声が集まった。

2024/03/04 06:00

アメリカドクトカゲ

アメリカでトカゲに手を噛まれた男性が病院に搬送され、4日後に死亡していたことがわかった。『USA Today』『NBC News』などが伝えている。



 

■トカゲに噛まれた男性が死亡

2月12日午後11時45分頃、アメリカ・コロラド州警察レイクウッド署は、ある住宅から「ペットのトカゲに噛まれた」という通報を受けた。通報したのはこの住宅で暮らす女性で、噛まれた被害者は女性の交際相手であり同棲中の男性(34)だった。

警察経由で連絡を受けた救急隊が女性宅へ到着すると、男性はすでに意識がなく、急いで病院に搬送された。医師らが治療にあたったが、4日後に脳死が宣告されている。

男性の死亡を受けて、警察官が女性に当時の状況を聞くと、「噛まれた時の詳しい状況はわからない」と答えたそうだ。


関連記事:爬虫類50匹以上を服の中に隠していた男が逮捕 税関くぐり抜ける手口で密輸多発

 

■毒によるアナフィラキシー症状か

女性の話では、自身は別の部屋にいて、男性の部屋から大きな音がしたため様子を見に行くと、すでにトカゲが男性の手に張り付いていたという。

また女性は、「彼は手を噛まれたようで、直後に繰り返し嘔吐しました」「次第に意識がなくなり、呼吸が止まったんです」などと、捜査員に説明している。

男性を噛んだのは、アメリカドクトカゲという種類のトカゲだ。名前の通り毒を持っているが、健康な成人が噛まれても死亡例はまれだという。しかし噛まれると、激しい痛みに加え、吐き気、めまいなどのアナフィラキシー症状が出る。

男性の死因については、より詳しい毒物検査が必要で、現在も調査中だ。


関連記事:マツコ、『月曜から夜ふかし』でペットを飼わない理由を告白 「動物は老いる」

 

■愛玩目的の飼育禁止のはずが…

女性らの住むレイクウッド市では、アメリカドクトカゲの愛玩飼養を法的に禁止している。それにもかかわらず、男性はこのトカゲを2匹も飼育し、名前を付けて可愛がっていたのだ。

女性によると、男性を噛んだ「ウィンストン」は、昨年10月の爬虫類展示会で購入したトカゲ。さらにもう1匹の「ポテト」は、爬虫類のブリーダーから購入したものだという。

男性はトカゲの他にクモも26匹飼っており、すべて違う種類だと伝えられている。

事故の翌日、女性は動物愛護センターに連絡を入れて、「すべて引き取ってほしい」と願い出た。すぐに同センターの職員らが女性宅を訪れ、男性を噛んだトカゲを含むすべてのペットを引き取ったという。


関連記事:仲里依紗、3週間ぶり愛息との再会に大興奮 「イケメンじゃない?」「カッコイイ」

 

■「自業自得」の声

男性死亡のニュースが報じられると、ネット上では「飼育禁止には理由がある。自業自得だ」「触れ合おうとして噛まれたか。そもそもトカゲとクモはペットではない」「男性の死因は『軽率な行動』」などと、男性に批判的な声が集まった。

他にも、「危険動物を簡単に入手できること自体が問題」「規制動物を売買するブリーダーを取り締まるべき」といった声もある。

・合わせて読みたい→仲里依紗、3週間ぶり愛息との再会に大興奮 「イケメンじゃない?」「カッコイイ」

(取材・文/Sirabee 編集部・宮 ちてら

毒持ちさん【Amazonでチェック】

アメリカペット話題フリーター嘔吐クモ吐き気脳死めまいアナフィラキシーコロラド州トカゲ翻訳記事アメリカドクトカゲ愛玩飼養レイクウッド
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング