長谷川博己主演『アンチヒーロー』に木村佳乃の出演が決定 「攻めているし、面白い」

長谷川博己が主演する4月期の日曜劇場『アンチヒーロー』に、木村佳乃が出演。東京地検の検察官として、長谷川扮する“アンチ”な弁護士と対峙する。

2024/03/12 05:00


木村佳乃

女優・木村佳乃が、俳優・長谷川博己が主演を務める4月期のTBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(日曜・よる9時)に出演することが12日、発表された。


 


 

■“アンチ”な弁護士を描く

同ドラマは、有罪率99.9%と言われている日本の刑事裁判で、たとえ犯罪者であるという証拠が完全に揃っていても、無罪を獲得する“アンチ”な弁護士を描くストーリー。

同作では「正義の反対は、本当に悪なのだろうか…?」を視聴者に問いかけ、スピーディーな展開で常識が次々と覆されていく。日常のほんの小さなことがきっかけで正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう。まさにバタフライエフェクトのような、逆転パラドックスエンターテインメントだ。


関連記事:長谷川博己主演、新・日曜劇場『アンチヒーロー』 堀田真由が出演「怖さもありますが…」

 

 

■東京地検の検察官

同作で木村は、東京地方検察庁の検察官を演じる。

木村は2020年に主演した『恋する母たち』など同局のドラマに数多く出演。日曜劇場枠への出演は、『理想の上司』(1997年)、『輪舞曲−ロンド−』(2006年)に続き今作が18年ぶり、3作目となる。

まだまだ多くが謎に包まれている同作だが、木村演じる検察官と、長谷川が演じる“アンチヒーロー”な弁護士がどのように対峙するのか、その戦いにも注目だ。


関連記事:長谷川博己主演、新日曜劇場『アンチヒーロー』 “アンチ”な弁護士ビジュアル&ティザー映像解禁

 

 

■果たして正義か悪か

キャストの発表に際し、木村とプロデューサーの飯田和孝氏からのコメントが到着している。

木村:検察官役を演じるのは『アンチヒーロー』が初めてです。役をいただいてからクランクインまでの間、勉強のために裁判の傍聴に行かせていただきました。日本は法治国家なので罪を犯したら法で裁かれるというのは念頭にありながらも、実際に裁判を傍聴すると“どっちが正しいんだろう?”と揺れ動く場面が多々あり、裁くことは奥深く難しいことだと実感しました。


ドラマの中で「人が人を裁くことの危うさ」というセリフが登場しますが、まさにその通りだなと思うと同時に、コンプライアンスなどセンシティブなこの時代に、これをドラマでやるというのは攻めているし、面白いと思いました。私が演じる検察官は、正義なのか? 悪なのか? と視聴者の皆様に想像していただきながら観ていただけたらうれしいです。

飯田氏:弁護士が正義なのか、検察官が正義なのか? それともどちらも正義で、どちらも悪なのか? このドラマでは、非常に曖昧な「正義」というものを、自身の信念だけを頼りに扱っていく人物たちを生々しく描いていきます。


画面を見ていると、木村さん演じる検察官は、凛としている中にも、何か鋭い刃のようなものを備えているように感じます。華やかさ、しなやかさ、柔らかさ、厳しさ、切なさ、豪快さ、木村さん演じる検察官を表現する言葉として一体どれが適切なのか、視聴者の皆さんと一緒に私も探していければと思っております。

関連記事:長谷川博己主演、新・日曜劇場『アンチヒーロー』 北村匠海が出演「そもそも正義とは…」

 

 

■ティザー映像

https://www.youtube.com/watch?v=vGFwJ8tFYoQ

・合わせて読みたい→長谷川博己主演、新・日曜劇場『アンチヒーロー』 北村匠海が出演「そもそも正義とは…」

(文/Sirabee 編集部・しばたけろこ

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

長谷川博己日曜劇場木村佳乃検察官アンチヒーロー東京地方検察庁飯田和孝
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ