「インバウン丼」とイジられた1万円超え海鮮丼、外国人観光客に“ガチな本音”を聞いた

海鮮丼が約2万円──。東京・豊洲「千客万来」の値段設定がネットで話題を呼んでいるが、その価値はあるのか確かめてきた。

豊洲千客万来

新たな観光スポットとして連日多くの旅行客が訪れる、グルメと温泉の複合施設「豊洲 千客万来」(東京・江東区)。2月のオープン直後、店によっては約2万円もする高級な海鮮丼が“インバウン丼”とネットで揶揄され話題を呼んだが、現地へ行った外国人観光客はどう感じていたのか。


画像をもっと見る

 

■東京の新たな観光スポット

2月1日、豊洲市場の真横に誕生した「千客万来」。

1Fはラーメン、和食、カフェ、2Fは洋食、スイーツ店をはじめ、土産店、串焼きや焼き魚など食べ歩きも可能な飲食店、そして3Fは寿司、海鮮丼、和食バイキングなど、合計約70店がぎっしり詰まっている。

隣には温泉施設「東京豊洲 万葉倶楽部」。記者が行った平日の昼間、天気はあいにくの雨だったが、2F、3Fフロアは席確保が難しいほど日本人観光客、外国人観光客で賑わっており活気で溢れていた。


関連記事:ファミマ公式「ガチで危機感持ったほうがいい」「マジでヤバいって」 煽りスキルが高すぎる投稿に反響相次ぐ

 

■ネットで揶揄された「インバウン丼」

豊洲千客万来

話題を呼んだのが、3Fにある寿司、海鮮丼、うに料理専門店の「築地うに虎」の高級海鮮丼。店内で最も高価な海鮮丼「皇帝(エンペラー)」は、厳選された6種の生うに、本マグロ大トロ、いくらが乗った一品で価格は18,000円もする。その他、1万円前後の物も複数あり強気な値段設定に映る。

一般人にはなかなか手の出せない値段とあって、ネットでは“リッチな外国人観光客向け”であろうという推察から「インバウン丼」「終わりだよこの国」「日本人には無理」と、嫉妬を込めてイジられたのだ。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■外国人旅行者のリアルな感想は?
海鮮丼うにインバウンド豊洲インバウン丼千客万来
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング