外国人観光客に聞いた「真のインバウン丼」 約2万円海鮮丼をスルーして選んだのは…

ネットで揶揄された東京・豊洲の「インバウン丼」。実際、外国人観光客はどの料理に感激したのか。

千客万来

2月にオープンした、グルメと温泉の複合施設「豊洲 千客万来」(東京・江東区)。店によっては約2万円もする高級海鮮丼があり、ネットでは“インバウン丼”とイジられ話題を呼んだ。

一方、外国人観光客たちは同地でどの料理を“真のインバウン丼”と感じたかのか、取材した。


画像をもっと見る

 

■話題呼んだ18,000円丼

豊洲千客万来

2月1日、豊洲市場の真横に誕生した「千客万来」。

1Fはラーメン、和食、カフェ、2Fは洋食、スイーツ店をはじめ、土産店、串焼きや焼き魚など食べ歩きも可能な飲食店、そして3Fは寿司、海鮮丼、和食バイキングなど、合計約70店がぎっしり詰まっている。

特に話題を呼んだのが、寿司、海鮮丼、うに料理専門店「築地うに虎」の高級海鮮丼。最も高価な海鮮丼「皇帝(エンペラー)」は、厳選された6種の生うに、本マグロ大トロ、いくらが乗った一品で価格は18,000円。この値付けに見合う最高級な素材を使っている。


関連記事:最強コスパ市場海鮮丼は千葉にあった… 豊洲なら5000円レベルがまさかの値段

 

■どんとこい、インバウン丼

千客万来

しかし実際、一般的な日本人にはなかなか手の出せない値段である。国内のネット上ではちょっぴり嫉妬の思いを込め、「インバウンド」(訪日外国人観光客)と丼をかけた「インバウン丼」というイジりの声が数多く上がった。

今回記者がインバウン丼の印象について直撃したのは、この日「千客万来」へ初めて来た40代台湾人男性のリンさん。

これまでの流れを説明すると、「インバウン丼!? そんなワードで面白がられているのですか(笑)。大丈夫です。我々観光客も商品の相場や価値はだいたい頭に入っていますので、この値段はまだまだ想定内」と笑う。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■リンさんが真のインバウン丼と感じたのは…
海鮮丼インバウンド豊洲インバウン丼千客万来
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング