大阪で発見されたキャンパスノート、規格外すぎるサイズに衝撃… 「謎の魔力ある」と話題

大阪のロフトで巨大なキャンパスノートが目撃された。気になるノートの正体を探ったところ、様々な「秘話」が明らかになったのだ…。

2024/04/16 07:30


新学期が始まり、新しいノートを買う人も多いだろう。真っ白な1ページ目に文字を書く瞬間はワクワクするもの。

ネット上では、あまりにも巨大なノートが話題を呼んでいて…。

【関連記事】濡れたノート、家の「ある場所」に入れたら完全復活した… 雨の日に知っておきたい


画像をもっと見る

 

■大阪で目撃されたノートに目を疑う…

事の発端は、3月下旬に投稿されたあるXユーザーのポスト。内容としては、大阪・梅田のロフトでカバンに入らないノートを発見したというもの。拡散された画像には、コクヨでお馴染みのキャンパスノートが映っているのだが…。

コクヨノート

よく見ると、通常の2倍の長さになっているのだ。調べたところ、こちらの商品は2015年に2冊連なった限定商品「2連キャンパスノート」として販売されていたことが判明。(※現在、ロフトで販売中の2連キャンパスノートは罫線が『ドット入り罫線』のノートで、15年の『コクヨハク』で販売していた、罫線にドットが入っていない定番キャンパスノートの2連ノートとは別の商品)

なぜ、規格外の大きさのノートが再び目撃されているのだろうか。


関連記事:ツバメノート、創業からデザインが変わらないのはなぜ… 「76年前の秘密」に驚き

 

■「謎の魔力がある」と話題に

カバンや本棚に収まらないであろうノートは、見る者に衝撃を与えている。

ネット上では、「見付けたら光の速さで手に取ると思う」「年表、家系図、時系列整理する際、ツリー書く時に便利そうだな……」「使い方の模索が捗る」「謎の魔力がある」など、魅了される人が続出。

巨大ノートの正体を探るため、販売元であるコクヨ株式会社に取材したところ、様々なエピソードが明らかになったのだ…。

色とりどりのノートを【Amazon】

次ページ
■ロフトで販売した経緯は…
ノートコクヨノート2連キャンパスノートロフトLOFT大学ノート
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング