息子の靴から「追跡タグ」を発見した母親 ストーカーを疑い通報するも…

息子の靴の中に、身に覚えのない追跡タグが埋め込まれていた。青ざめた母親が警察に通報したところ、予想外の真相が判明した。

2024/04/20 06:00


靴・シューズ・子供・息子・母親

息子の靴の中から、見知らぬ追跡タグを見つけた母親。ストーカーを疑い警察に通報するも、勘違いだったことが判明した。『Fox 35 Orlando News』『Mirror』などが伝えている。


 


 

■「AirTag」アラート受信

2023年12月、アメリカ・フロリダ州在住の母親Aさんは、クリスマス・パレードに参加してから自身のiPhoneに「AirTagが近くでみつかりました」とアラートが届くようになった。

Aさんを含め家族にAirTagを持っている者はいなかったため、特に気に留めなかったが、その後も頻繁にアラートが表示されたそうだ。

しばらく様子を見ていたが、そのAirTagの位置情報が息子(7)のいる場所に表していることに気付いたという。


関連記事:飼い犬がタクシーに飛び乗り161キロの大冒険 人懐こさが引き起こしたトラブル

 

 

■インソールに埋め込み

Aさんが息子の所有物をくまなく調べたところ、靴のインソールにAirTagが埋め込まれていることに気づいた。同時に「息子の居場所を1ヶ月近く誰かに追跡されていた」とも気づき、恐怖で青ざめたそうだ。

タグを発見したその日にAさんは近くの警察署に出向き、被害届を提出した。捜査員らはストーカーと思われる人物の捜索を開始し、Apple社に当該AirTagの所有者情報を開示するよう要求したという。


関連記事:家から姿を消した3歳男児が米マクドナルドで発見 母親の通報で警察も出動

 

 

■警察が所有者を突き止める

しばらくして、警察からAさんに「所有者が見つかった」と連絡が入った。息子の靴に埋め込まれていたAirTagの所有者は、遠く離れたオクラホマ州に住む女性Bさんということがわかった。

捜査員によると、Bさんにも息子がいて、このAirTagは自身の息子のために仕込んだものだという。

Bさん家族は2023年度末に休暇旅行でフロリダ州を訪れており、クリスマス・パレードにも参加していた。その時、Bさんの息子は近くに設置されていたエア遊具のバウンスハウスに、靴を脱いで入ったそうだ。


関連記事:飼い犬がタクシーに飛び乗り161キロの大冒険 人懐こさが引き起こしたトラブル

 

 

■「靴の履き間違い」が原因

Bさんがタグを取り付けたという靴の写真から、Aさんの息子の靴と全く同じものであることがわかった。

AさんとBさんの両家族は、同時期に同じクリスマス・パレードに参加。さらにAさんの息子も靴を脱いでバウンス・ハウスで遊んでおり、この時に息子たちが靴を履き間違えてしまったというのが、事の真相のようだ。

結果に安堵したAさんは、「ハッピーエンディングを迎えられて、運が良かったです」「今回のことで多くを学びました」「テーマパークなど混雑する場所に出かける際に、AirTagは天才的な役割を果たしますし、私も使おうと思います」などと、各社取材に話している。

・合わせて読みたい→飼い犬がタクシーに飛び乗り161キロの大冒険 人懐こさが引き起こしたトラブル

(取材・文/Sirabee 編集部・宮 ちてら

Apple AirTag【Amazonでチェック】

ストーカーアメリカクリスマスiPhoneApple位置情報フロリダ州インソールアラート翻訳記事AirTagオクラホマ州バウンスハウス
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ