江本孟紀氏、現役時代に“天才と感じた打者”を告白 「スイングの速さが…」

江本孟紀氏と松沼博久氏がトーク。2人が「天才」と感じた昭和の打者とは?

2024/05/15 21:10


野球解説者の江本孟紀氏が自身のYouTubeチャンネル 「エモやんの、人生ふらーりツマミグイ」で、「現役時代に天才だと感じた打者」を語った。

【動画】江本氏と松沼氏が「すごかった打者」を語る



 

■松沼氏と江本氏がトーク

元西武ライオンズ投手の松沼博久氏と江本氏がトークした今回の動画。話題は「すごいと思った投手と打者」へと移る。

松沼氏は「山田さんのコントロールもスピードボールもすごかったですね。綺麗すぎちゃって、フォームが。負けたくないなという気持ちはありましたね」と同じアンダースローで阪急ブレーブスのエースだった山田久志氏を「すごかった投手」に挙げた。


関連記事:大谷翔平とダルビッシュがショートアームにした理由は… 元西武投手が独自分析

 

■元阪急・加藤氏を語る

さらに松沼氏は「加藤秀司さんと福本豊さんとか、タイプがぜんぜん違うんですよね。おもしろいですね」と語る。

すると江本氏は「加藤のスイングの速さ、すごかったよね」と元阪急ブレーブス・加藤秀司氏のスイングを絶賛。

松沼氏も「あの人、初球にすごい空振りするんですよ。それで打ち取れるんじゃないかと思うと、コンッとキレイに打ち返すんですよね」と振り返った。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■江本氏が加藤氏の打撃を絶賛
近鉄バファローズ江本孟紀パシフィック・リーグ松沼博久阪急ブレーブス小川亨加藤秀司
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング