キンプリ、メンバー脱退後の俳優業の「リアルな評価」 永瀬廉は“週末の顔”でオファー争奪戦

4月クールのドラマで主演を務めたキンプリ・永瀬廉と高橋海人。キンプリはアイドル・俳優の「二刀流」の活躍に期待できそうで…。

2024/06/18 11:30


永瀬廉・高橋海人

15日、King & Prince永瀬廉の主演ドラマ『東京タワー』(テレビ朝日系)が最終回を迎えた。4月期は、高橋海人もドラマ『95』(テレビ東京系)で主演を務め、デュオは俳優でも目覚ましい活躍を見せている。

キンプリはアイドル・俳優と「二刀流」で評価されていて…。

【関連記事】キンプリ、メンバー脱退から1年のリアルな評価 永瀬廉の「不安要素」克服に称賛の声


 


 

■4月期ドラマで主演を務めたデュオ

『東京タワー』は、永瀬演じる21歳の青年・小島透と、女優の板谷由夏演じる45歳の人妻・浅野詩史が許されない恋に溺れていく物語。永瀬は、20歳以上歳の離れた女性に揺れ動く青年を演じ、注目を集めた。

『95』は、1995年の東京・渋谷を舞台に、大人が作った社会の仕組みやルールに抗い、がむしゃらに生きる高校生の青春を描いた作品。高橋は友情や恋愛、喧嘩に奔走する10代の青年・広重秋久を好演。

『東京タワー』の主題歌にはキンプリの『halfmoon』が、『95』のオープニング曲には『moooove!!』が流れた。


関連記事:高橋海人、キンプリ内の「不仲」を解消 “ある役割”でメンバーから頼りにされて…

 

 

■「演技の幅が広がった」高橋

キンプリは昨年5月、平野紫耀・岸優太・神宮寺勇太の3人が脱退し、その後事務所も退所。永瀬と高橋の2人で活動している。

デュオはグループはもちろん、俳優業も好調だ。高橋はここ数年の成長ぶりが評価されている。

あるテレビ局関係者は、「以前は爽やかな好青年役が多かったですが、ここ数年で演じる役が広がった印象です。『Dr.コトー診療所』では現実主義者の新人医師役、『だが、情熱はある』ではオードリー・若林正恭さん役、そして『95』では優等生ながら社会のあり方に葛藤する高校生役と、全く異なるキャラクターを演じました。高橋さんは感情表現が上手く、目の動きや声の出し方などで自然と見る人を惹きつけます」と、評価する。

永瀬廉の『東京タワー』原作【Amazon】

次ページ
■永瀬は“週末の顔”でオファー増加
東京タワーキンプリKing&Prince永瀬廉高橋海人95
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ