雨の日、靴を翌朝までに乾かす「お助け術」 中に“アイツ”を入れておくだけ

濡れた靴を乾かす時に「アイツ」が大活躍! あくまで応急処置ですが、覚えておきたいアイディア。

2024/06/18 14:15


濡れた靴

急に雨が降りだし、靴がびちゃびちゃに…。そんなことも増える時期になってきました。

本記事では、スニーカーなどを急いで乾かしたいときに覚えておきたい、ネット上で話題になった生活の知恵をご紹介します!


画像をもっと見る

 


 

■「濡れた靴を仕方なく…」6割が不快な経験

以前、Sirabee編集部が全国の10代~60代の男女1,000名を対象に実施した意識調査では、全体で60.0%の人が「雨に濡れた靴を乾かし忘れ、そのまま履いた経験がある」と回答。

濡れた靴

改めて、“濡れたままの靴による不快感”に、多くの人が悩まされていることがわかります。


関連記事:ずぶ濡れ靴、乾かすのは「5時間以内」が勝負だった… それを過ぎると“ヤバい理由”を『あさイチ』で解説

 

 

■「カイロ」で靴が乾く!?

カイロ

2023年5月放送の『ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜』(テレビ東京系)でも紹介され、インターネット上で注目を集めたのは「濡れた靴の中に使い捨てカイロを入れて乾かす」という方法。

湿気を吸収してくれる「新聞紙」を靴に詰める方法も知られていますが、湿気を吸った新聞紙を取り替えずに入れっぱなしにしてしまうと、吸収した水分が靴の中で蒸発して生乾き状態になる恐れがあるのだとか。


関連記事:警視庁が推奨「ずぶ濡れ靴の応急措置」が思った以上にすごい… 梅雨時期に最適

 

 

■室内での応急処置としては最適

濡れた靴

その一方で、数時間熱を発する使い捨てカイロは、靴の内側の水分を蒸発させるアイテムとして適しているのだとか。

そこで、大雨でぐっしょり濡れた編集部員の靴(スニーカー)に、使い捨てカイロを片足に各2個ずつ入れて様子を見てみることに。

数時間経つと、靴の内側がほかほかになって、少しずつ乾いているのが確認できました。

ただ当然ながらカラッと乾く感じではなく、履いたときの不快感が解消される程度。旅先や、乾燥機などがなく外干しもできないときの応急処置として、覚えておきたいアイディアです!

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■より乾きやすくなる「靴の干し方」
梅雨女性調査新聞紙カイロハンガーソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜大雨警報
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ