川島明、女性に免疫がなさ過ぎた過去明かす ファンの女性に「練習付き合って…」

大阪時代の思い出について振り返った麒麟・川島明。女性に免疫がなさ過ぎたあまり、先輩の笑い飯・西田幸治とともにお笑いファンの女性に頼み込んだこととは…。

2024/06/18 18:00


麒麟・川島明

お笑いコンビ・麒麟の川島明がこのほど、『川島明のねごと』(TBSラジオ)に出演。女性への免疫がなさ過ぎたあまりに、お笑いファンの女性たちに頼み込んで“練習”したことについて明かした。


 


 

■東京と大阪の芸人の違い

この日はニューヨークの屋敷裕政と嶋佐和也がゲスト出演。川島とは同じ吉本興業の所属で、川島も現在は東京を拠点に活動しているが、川島は吉本総合芸能学院(NSC)の大阪校、ニューヨークの2人は東京校出身という違いがある。

ニューヨークは、東京の芸人たちに比べ、大阪の芸人たちは劇場近くに住んでいて家が近いこともあり、同期や先輩・後輩の付き合いが深いことについて言及。先輩が後輩と酒を飲み交わして“お説教”をしたり、ケンカしたかと思えば再び一緒に飲んだりと、人間関係が濃密であると指摘する。


関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

 

 

■「そりゃ切られるよ、後輩に」

しかし川島によると、大阪時代の川島や笑い飯・西田幸治は、性格的にそういったノリが合わないこともあり、先輩にはあまり誘われなかったという。

その当時の川島と西田は、2人で立ち飲み屋に行き、おでんの具を見ながら何時間も延々とダジャレを言い合うなど、独特の飲み方をしていた。

川島は「明らかに俺と西田さんが、コンパは行かない、女性と飲まない。なので、後輩も誰もメリットがない。立ち飲み8時間、ずっとダジャレ。そりゃ切られるよ、後輩に」と、川島と西田が女性を苦手としていたがために、後輩たちの誰も一緒には来なかったことを明かす。


関連記事:川島明、川島会メンバーの暴露に赤面 「クレヨンしんちゃんのモノマネで…」

 

 

■お笑いファンの女性2人組に…

それでも、川島は「でも下心はある」として、「俺と西田さんが女性に対しての免疫が全くないから、『どうしようか』と…」と思案。

2人が深夜に劇場近くへ行くと、とろサーモン・村田秀亮のファンだというお笑いファンの女性2人組がいたため、「僕たちは女性と一緒に飲んだことがない。1回練習付き合ってもらえませんか?」と頼み込んだ。

女性たちはしぶしぶといった様子で了承。2人と一緒にカラオケ店へ行き、どういう座り方をすればいいのかなど、女性との接し方についてレクチャーを受けたという。

その翌日、劇場へ行くとその女性たちが待っており、「きのうはありがとうございました」とドーナツの差し入れをくれたそうで、川島は「出待ちのファンにめっちゃ見られて、『ちょ、ここでは止めてもらえる!?』って…」と、気まずい思いをしたことを振り返っていた。

・合わせて読みたい→とろサーモン久保田、じつはスピリチュアル好き “持ってる”先輩の強運に…

(文/Sirabee 編集部・しばたけろこ

マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

ニューヨーク麒麟とろサーモン村田秀亮川島明笑い飯屋敷裕政嶋佐和也西田幸治川島明のねごと
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ