デーブ大久保氏、昨年の巨人首脳陣が“頭を抱えた選手”を告白 「NOの一点張りで…」

昨年読売ジャイアンツでコーチを務めたデーブ大久保氏と阿波野秀幸氏。首脳陣が「頭を抱えた」選手がいたそうで…。

2024/06/20 17:15


大久保博元・デーブ大久保

元読売ジャイアンツのデーブ大久保(大久保博元)氏が自身のYouTubeチャンネル『デーブ大久保チャンネル』を更新。昨年の巨人首脳陣が「頭を抱えた選手」を語った。

【動画】大久保氏が昨年の巨人首脳陣が頭を抱えた選手を告白


 


 

■阿波野氏と大久保氏がトーク

昨年、原辰徳前監督のもと、巨人のコーチを務めた大久保氏と阿波野秀幸氏がトークをした今回の動画。話題は外国人投手に。

大久保氏がヨアンデル・メンデス投手に言及すると投手コーチだった阿波野氏は「メンデスは開幕ローテーションに入ったんだけど、2回目ぐらいの登板で、内野安打を打って肉離れをした」と説明。

これに大久保氏は「ああそうだ。僕びっくりしたのが、メンデスでしたっけ。『ファームに行きたくない』って言い出した。あれはなんだったんですか?」と笑いながら質問した。


関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

 

 

■「NO」の一点張りに…

メンデス投手について阿波野氏は「ローテーションの変更だよね。ちょっと空けるけど、ここで投げてほしいみたいなの、あるじゃん。役割的に」と語る。

続けて「次に2軍から1軍で1回使いたいピッチャーがいる。そこでちょっと空けようという話が、本人には2軍行きとして伝わった。ずっと行ってこいと言われたと思っているのかもしれないけど、もうNOの一点張りだもん」と回想した。


関連記事:阿波野秀幸氏、自身が元祖“コーチがマウンドにタオルを持参する理由”を告白 「危険球も…」

 

 

■約1時間の説得

当時を振り返った大久保氏は「俺、途中で見に行ったんですよ。阿波野さんと村田善則コーチと山口鉄也コーチで1時間ぐらい説得していませんでした?」と笑う。

阿波野氏は「通訳を介すから、時間が倍かかるんだよ」とコメント。「最後、原監督が出ていったんですよね」という質問には「監督も最初お風呂に入るために(話し合いの現場を)通って。意外とサウナに入ったりするから。ゆっくりして帰ってきたら、まだ話をしているから」と話した。

マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

次ページ
■結果的に笑い話に…
野球デーブ大久保YouTube読売ジャイアンツ原辰徳阿波野秀幸デーブ大久保チャンネルヨアンデル・メンデス
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ