渡辺久信監督代行と埼玉西武ライオンズに江本孟紀氏が辛口エール 「意地を見せてくれ」

パ・リーグ最下位となっている埼玉西武ライオンズ。黄金時代を知る江本孟紀氏が渡辺久信監督代行とチームに喝を入れた。

2024/07/10 15:00


渡辺久信

野球解説者の江本孟紀氏が、自身のYouTubeチャンネル『エモやんの、人生ふらーりツマミグイ』で渡辺久信監督代行と埼玉西武ライオンズにエールを送った。

【動画】江本氏が低迷の西武にエール


 


 

■江本氏が西武を語る

江本氏は西武について「田淵幸一さんや山崎裕之さん、東尾(修)がいて。1番強かったころの西武の印象が強い」と話す。

さらに黄金時代を振り返り「当時は強くて見に行くと活気もあったし、選手もスーパースターがいっぱいいて、パ・リーグを引っ張っていく存在で。そういう印象がずっと残っていた」と語った。


関連記事:松井稼頭央監督は「流行にとらわれている」 江本孟紀氏が起用法を疑問視

 

 

■現在の西武に江本氏が持論

松井稼頭央監督が休養し、渡辺久信GMが監督代行となった西武の現状について江本氏は「結果的にどうかと言うと、チームの成績はずっと悪い」と指摘する。

その後、西武低迷の理由について語ったのち、チームについて「途中から監督が代わっても、強くなるのは難しい」と持論を展開。

続けて「チーム作りはキャンプ・オープン戦からですよ。この時期、すべてにおいて高い目標を持って、選手とともにシーズンに臨むような時期を過ごさないと」と話した。


関連記事:松井稼頭央監督は「流行にとらわれている」 江本孟紀氏が起用法を疑問視

 

 

■低迷する西武にエール

江本氏はさらに「結果的に選手の自主性だとか、そういったものばっかり尊重する風潮がありますが。私はどうやってやったか知りませんけど、そういう風潮のなかでチーム力が落ちることも、最近はよくあることなんですよ」と指摘する。

そのうえで「どうか残り試合はチームの成績というよりも、俺たちは西武の歴史をちゃんと引きずって来てるんだという、プライドを持って、後半戦は上位のチームを食ってほしい。ぜひとも意地を見せてくれ。西武がんばれ」とライオンズにエールを送る。

さらに「特別な思いはありません、はっきり言って。そこまでの思いはありませんが、あのとき代西武のおかげでおもしろい野球を体感した思い出もあるわけです。だから、パ・リーグは、西武ががんばらなければダメだぞという意識を、選手も関係者も持ってもらいたい」とコメントした。


関連記事:松井稼頭央監督は「流行にとらわれている」 江本孟紀氏が起用法を疑問視

 

 

■10日も敗れ8度目の4連敗

西武は9日の北海道日本ハムファイターズ戦に敗れ、今季8度目の4連敗。借金28とかなり厳しいシーズンとなっている。

1985年からリーグ5連覇、90年から94年まで4連覇、さらに日本シリーズでも読売ジャイアンツなどセ・リーグ球団に圧倒的な強さを見せ、25年連続Aクラスをキープし、「球界の盟主」と呼ばれた西武。残り試合の奮起が期待される。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■江本氏が低迷の西武にエール
野球YouTube低迷江本孟紀松井稼頭央埼玉西武ライオンズ渡辺久信黄金時代
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ