古田敦也氏、緒方耕一氏が選んだ“外野守備の上手い現役選手”に納得 「肩が良い…」

元読売ジャイアンツ・緒方耕一氏が「外野守備が最も上手い現役選手」を選定。古田敦也氏も納得し…。

2024/07/10 17:00


 


 

■「全部回せ」と指示が出る選手も

古田氏は「あと逆にね、こいつのところに飛んだら全部回せというのがチーム内で共有されている。こいつはやるって、アウトのタイミングでもそれるとかね。そういうのあるよね」と笑う。

緒方氏が「だいたい外国人ですね。日本人でもありますけど」と同調すると、古田氏は「俺らのころねDeNA(横浜)の鈴木(尚典)。バッティングはめちゃくちゃ良いけど、投げるのもそこそこ投げるけど、いざというときに必ずそれる。中日の井端(弘和)もいざというときにそれる。だから行けというのがあった」と明かしていた。


関連記事:谷繁元信氏、現役時代にイラッとした選手告白 「しょっちゅうやられてた」

 

 

■強肩で知られる両選手

万波選手は現役選手としては屈指の強肩。浅い外野フライなどでは肩を警戒してランナーが進塁をしないことが多いが、それでも今季の捕殺数がパ・リーグ1位となっている。

細川選手も肩が強く、明秀学園日立高時代はエースとしても活躍し、プロのスカウトから注目を集めていた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■緒方氏が「外野守備が上手い現役選手」を語る
野球YouTube赤星憲広外野手細川成也万波中正古田敦也守備緒方耕一捕殺
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ