『虎に翼』梅子が寅子に伝えた“意外な言葉” 「ほんと流石すぎた」「聡明で優しい」の声

朝ドラ『虎に翼』で、後輩たちの自身への陰口を耳にした寅子(伊藤沙莉)に、梅子(平岩紙)が声をかける。その言葉に「しびれるわ」という人も。

2024/07/10 15:45


NHK

10日放送のNHK連続テレビ小説『虎に翼』では、梅子(平岩紙)が、寅子(伊藤沙莉)への気遣いとともに語りかけた“意外な言葉”が、Xで反響を呼んでいる。

【画像】後輩からの陰口を耳にする寅子


 


 

■後輩女性らの言葉に…

直明(三山凌輝)から、優未(竹澤咲子)について指摘された寅子。担当した離婚調停もうまく進まなかった。

そんな中、「竹もと」を訪れると、密着取材の際に寅子に「憧れている」と言っていたはずの後輩の女性修習生らが、「家裁には行きたくない」などと話し、寅子について「佐田さんの言動は短絡的」「ただ吠えればいいものじゃない」と語り合うのを聞く。

会話を聞いていた梅子はそっと仕切りの障子を閉めると、取材の際の後輩たちの様子について「そんな感じだったもの」と明かし、「きっと、これから改めれば問題ないわ。悪気はないのは彼女たちにも伝わってると思うから」と寅子をやんわり諭した。


関連記事:『虎に翼』かるたの内容が“意味深”と話題に 「寅子の状況に重なってて…」「めちゃくちゃえぐいな」

 

 

■「流石すぎた」の声

この梅子の寅子への言葉に、Xでは「『気にすることないわよ』とか言うのかなって思ってたら、出てきた言葉が『これから改めていけば大丈夫』『悪気はないのは伝わってる』だったの、ほんと流石すぎた」「寅子に原因があると穏やかに伝える。聡明で優しいね」「自分が梅子さんの立場なら、気にすることないわ〜なんて励ましてしまいそう」との声が。

さらに、「梅子さんの言い方すごくいいなぁ。難しいよなぁ、こういう言い方」「安易にダイジョーブ気にすんな! と言わずきちんと向き合ってくれてて、梅子さん大好きだ…」「『改めればいいのよ』という梅子さんスゴい! って思ったし尊敬する」と称賛のコメントもみられた。


関連記事:『虎に翼』次週予告に入った“声”に視聴者ザワザワ… 「幻聴じゃないよね?」「期待しちゃう」

 

 

■「衝撃だった」「しびれるわ」との意見も

また、穏やかながらも、寅子にこれまでの言動を省みることを促す言葉に、「まあ言い方は優しいけど語意は『お前が悪い。反省しろ』だから」「優しい人の忠告って堪えるよね」「梅子さんのこの一言はかなりの打撃…」「衝撃だった。私なら、このフォローがいちばんつらい」との意見も。

「相手の姿を鏡に写して、これも自分自身なのだと伝える優しさも厳しさも入ってていいな」「流石は寅子より長く生きてるし、男の子3人育てたのに縁を切る修羅場を潜ってきた人なだけある」「厳しいところは厳しい年長者なのよ。しびれるわ」と改めて梅子の人となりに感心する人も見受けられた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■後輩からの陰口を耳にする寅子
X朝ドラ伊藤沙莉NHK連続テレビ小説平岩紙三山凌輝虎に翼竹澤咲子
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ