GAKCT、カニやエビの食べ方に相当なこだわり 「食そのもののリテラシーを上げたい」

食通として知られるGAKCT。今回始まった美食通販「GACKT極シリーズ」にもかなりのこだわりが…。

2024/07/10 17:45


ガクト

歌手で俳優のGACKTが10日、東京・東銀座で開催されたオーシャン主催「GACKT極シリーズ」販売記念イベントに登場。食について自身の深いこだわりを見せた。


画像をもっと見る

 


 

■美食家・GACKTが厳選

GACKTがブランドアンバサダーを務める「GACKT極シリーズ」は、海産物販売に携わる株式会社オーシャン(北海道・根室)がこのたびスタートさせた“美食ブランド”。

各地で漁獲、収穫されている“美味しいのに知られていない食材”をGACKTが試食を経て厳選し、段階的にECで販売していく。選定された商品は7月10日に8商品、8月中に9商品を予定しており、北海道根室産花咲ガニ(チルド・冷凍)、根室産北海シマエビ(チルド・冷凍)、宮城産みやぎサーモン、富良野メロンなどがラインナップされている。


関連記事:GACKT、若々しさ保つ睡眠・美容法告白も… 「1個も参考になってない」

 

 

■一般的な「アンバサダー」とは違う

ガクト

食材などの良し悪しを見極めるバラエティ番組『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)で何度も“一流芸能人”に輝くなど、芸能界きっての美食家として知られるGACKT。

今回の「GACKT極シリーズ」では、自身が感激した食材だけをセレクトしたと明かし、「僕はアーティストだけど、自分には自分なりのこだわりや自信がある。美味しい美味しいと、提案された商品をすべて選ぶこともできるが、僕なりのプライドもある。ちょっと美味しいではダメ。本当に美味しい、もっと世の中の人に知らせたいと思うクオリティのものだけを選んだ」と太鼓判を押す。

さらに、「『アンバサダー』というのは、実際名前だけの肩書きが多く、監修までしっかり入ることは少ない。でも僕は相当なこだわりを持ってセレクト、監修に関わらせていただきました」と、熱い気持ちを露わにした。


関連記事:リュウジ氏、『格付け』でのGACKTの味覚に感服 「さすがとしか言いようがない」

 

 

■冷凍とチルドの差に注目

ガクト

中でもこだわったのが、カニやエビといった魚介類の鮮度。

通常は冷凍状態で届けるのが主流だが、「冷凍でも相当美味しい。しかし、チルド状態だとさらに味のレベルが上がる。その比較をできるよう、冷凍、チルドを食べ比べできるセットも僕の希望で用意してもらった。新鮮な魚介を食べながら、食そのもののリテラシーを上げることがこれからは大事だと思ったのです」とGACKT。この発想は運営サイドも深く共感。今回の商品に早速採用されている。

公式サイトでは本日から販売が開始になる。GACKTを唸らせた最高のグルメが、今後注目を集めそうだ。

・合わせて読みたい→GACKT、レストラン店員の言葉に「そんなこと初めて言われた」 顔立ちを見て…

(取材・文/Sirabee 編集部・キモカメコ 佐藤

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

通販GACKTGACKT極シリーズ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ