パンサー向井慧がブチギレる“寝室でのパートナーの行動” 「これちょっとムリかも」

パンサー・向井慧が『イワクラせいや警備保障』に出演。同棲中のパートナーに「されたらキレちゃう」行動を明かし、霜降り明星・せいやらを苦笑させた。

2024/07/11 09:30


向井慧

10日深夜放送『イワクラせいや警備保障』(テレビ朝日系)に人気お笑いトリオ・パンサーの向井慧が登場。38歳独身の彼が、モニタリングしていた同棲カップルの「ある行動」への怒りを爆発させた。


 


 

■同棲カップルを警備

ルームシェア経験者の霜降り明星・せいやと蛙亭・イワクラが、リアルでプライベートなさまざまな同居生活を覗き見、モニタリング(警備)する同番組。

この日は、ゲストの向井と20代カップル・サチコさんとカズキさんの同棲生活を観賞していった。


関連記事:新紙幣、一万円札と千円札の「1」なぜ違う? 「許せない」一方で“理由”に納得の声も

 

 

■寝室にもカメラが…

千葉県市川市・1DKでの同棲を満喫中のサチコさんとカズキさん。仲睦まじい2人の様子を向井とせいや・イワクラが和やかにモニタリングしていく。

食事や入浴などを済ませ、2人は寝室に。シングルサイズの1つの寝床に2人が並び眠るのだが、この日は壁側にカズキさんが横になりスマートフォンをイジっているところに、サチコさんが寄り添っていった。


関連記事:電卓のACキー機能、5割弱が誤解していると判明 「全部消す」つもりでバンバン押してたが…

 

 

■向井は「キレちゃいそう」

寝室の電気を消さずに横になったサチコさんに、カズキさんは「なにしとん? 電気消して」と指示。サチコさんは「消して、お願い」と甘えるが、カズキさんは「意味がわからんて」と一蹴する。

そこからサチコさんは「どちらが電気を消しに行くか」をジャンケンで決めようと勝手に決めて、自分が勝つまで何度も勝負を挑んできた。うんざりしている様子のカズキさんを見守っていた向井は、「ダメだ…キレちゃいそう、これ。これキレちゃいそう、これちょっとムリかも」と悶絶しはじめる。


関連記事:梅雨時のエアコン、「やってはいけない操作」があった 運転を停止した後に…

 

 

■彼氏に理解?

せいやらは「楽しくていいじゃないですか」「キャッキャ(してて)、キャーってなってました」と2人の関係性が微笑ましかったと反論したが、向井は「キレそう」とカップルのやりとりへの不満をあらわに。

「すっごいいまカズキさん側の気持ちになって見てたんだけど。もうホント『流れで消して』ってまず思ったと思うんだよ」と主張。そこからジャンケンをはじめた時点で「(カズキさんも)お前が消せばいいだろってちょっと思ってる」とカズキさんへの理解を示す。

「サチコさんが(ジャンケンに)勝ってても『でもまぁ(私が消しに)行くよ』なら全然いい。(もう1回って言われたら)キレちゃう」と明かし、せいやから「向井さん、結婚しないほうがいい」「結婚しないほうが幸せです」と諭されていた。

・合わせて読みたい→梅雨時のエアコン、「やってはいけない操作」があった 運転を停止した後に…

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

パンサー向井慧イワクラせいや警備保障
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ