丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス

1977年、宮城県出身。ジャーナリスト、旅行作家 、編集者。 國學院大學大学院修了(文学研究科で考古学を専攻)。在学中の海外放浪体験から冒険と研究は別物と気付き研究者の道は一旦断念するも、現在は同大学学術資料センター共同研究員として所属している。大学院修了後、出版社勤務を経て独立。 フリーのジャーナリストとして日本の裏社会や海外危険地帯の取材を重ね、その“体当たりな”取材のスタイルから「危険地帯ジャーナリスト」と呼ばれるようになった。取材の様子がTBS系テレビ番組『松本・設楽・小池vsクレイジージャーニー』で放送されると、一躍話題となる。 編集者として編集事務所の代表も務める。 その一方で、全国各地の商工会議所(青年部)などでも多数講演会を行っており、想像を絶する体験談は毎回好評を博す。メディア露出としては、テレビ、ラジオ、トークイベントなど活躍の場を広げている。 現在、講談社から発売された単行本『世界の混沌【カオス】を歩く ダークツーリスト』が好評により続々重版中!

gonzaresu_maruyamaの記事一覧