川奈まり子

川奈まり子

東京都生まれ。女子美術短期大学卒業後、出版社デザイン室勤務、フリーライターを経て31歳でAV女優デビュー。2004年にAVを引退。山村正夫記念小説講座で小説を学び、2011年、長編官能小説『義母の艶香』(双葉文庫)で小説家デビュー。以降、官能小説、ホラー小説、怪談実話のジャンルで活躍しており、著書多数。 日本推理作家協会会員。 <a href="https://www.facebook.com/marikokawana" target="_blank">https://www.facebook.com/marikokawana</a> 近著に『甘くとけあう』(廣済堂文庫)、『熟蜜』(竹書房)、『嫐』(竹書房)がある。 ホラー/怪談の最新刊は、岩井志麻子先生・花房観音先生との共著<a href="http://honto.jp/netstore/pd-book_27271660.html#productInfomation" target="_blank" style="text-decoration:underline">女之怪談 実話系ホラーアンソロジー</a>。 官能小説の最新刊は、<a href="http://www.amazon.co.jp/dp/4801905366/ref=cm_sw_r_fa_dp_Qm8uwb0VAW2BQ" target="_blank" style="text-decoration:underline">寝盗られ妻</a>が発売。

kawana_marikoの記事一覧