さくらまや とは

さくらまやは北海道帯広市出身の演歌歌手、タレント。さくらまやプロダクション所属。所属レコード会社は日本クラウン。1998年7月26日生まれ。血液型O型。

2004年にで全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会で金賞を受賞。

2008年12月3日に日本クラウンから史上最年少演歌歌手として「大漁まつり」でメジャーデビュー。美空ひばりの再来として注目され、2009年に第42回日本有線大賞新人賞と第51回日本レコード大賞新人賞を受賞。両賞とも、受賞時年齢が11歳の史上最年少での受賞となった。

同年、TBS『水戸黄門』で子役としても活動を開始。

2010年4月放送のフジテレビ開局50周年記念ドラマ『わが家の歴史』に出演し、10歳の美空ひばり役を演じた。同年11月21日に第52回日本レコード大賞日本作曲家協会奨励賞を受賞。

またテレビ朝日『関ジャニの仕分け∞』のカラオケ対決コーナーに出演すると抜群の歌唱力で一時は無敗記録を作るなど「無敗のカラオケクイーン」として脚光を浴びる。

2012年12月には番組内で披露した楽曲などを収録したカバーアルバム『まや☆カラ カラオケクイーンさくらまやと歌おう!!』をデビュー5周年記念第1弾としてリリース。

2013年7月にエステー「消臭力」のCMに出演すると、同じ1998年生まれで同CMでおなじみのミゲルとともに歌手ユニットMarMee(ミゲル&まや)を結成。

同年8月7日にシングル「お気軽ウッキーラッキー」でユニバーサルミュージックよりCDデビュー。同年12月18日にはデビューアルバム『MarMee』をリリース、収録曲「獏の夢」では初めて作詞も手がけた。

2014年10月にデビュー曲以来の本格演歌で初の恋歌となるシングル「浜の恋女房」を発売。

2015年8月にミュージカル『赤毛のアン』にアンの親友ダイアナ・バリー役で出演し、ミュージカルに初挑戦。

2016年夏に高校3年生となったも受験勉強のかたわらで2年連続で同作品の舞台に立ち、大学進学後も2017年夏、2018年夏、2019年夏と5年連続で同作品に出演を続けている。

2017年春に一般入試で日本大学法学部政治経済学科に合格し、同大学へ進学。在学中は芸能活動と学業を両立し、国家試験の受験も目指している。

2018年には、デビュー10周年記念曲「かもめ橋から」を20歳の誕生日を翌日に控えた7月25日にリリースした。

2020年7月18日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による社会情勢の変化に伴い、デビュー以来10年以上にわたって所属したシンエイVとの専属契約を終了し同社を退社。新たに個人事務所「さくらまやプロダクション」を設立して活動を開始。

2020年9月1日にシンエイVを8月31日で退社し個人事務所を立ち上げたことを発表。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-11-16 18:01:04


"さくらまや"の最新情報・ニュース (8件)

さくらまや

『ノンストップ』さくらまや、噂の「演歌御殿」を披露 豪華さに設楽も驚愕

さくらまや

さくらまや、12年所属した事務所退所で闇が深くなる 「7月に家買って8月に無職に」

さくらまや 

20歳になったさくらまや、パチンコにハマる 「昔の自分は嘘」「歌は仕事ってだけ」

さくらまや

元天才演歌少女・さくらまや、パチンコにハマる 発言が「椿鬼奴と一緒」と判明

さくらまや

20歳で「闇落ちしてる」女子大生・さくらまや、「光浦靖子と同じ道」を歩む

さくらまや 美山加恋

『赤毛のアン』出演・美山加恋、さくらまや ディズニーをキャンセルで新たな約束も

18歳になったさくらまや「メイクを覚えて恋をしなくちゃ」 美山加恋は熱愛否定



人気記事ランキング




生きてない