ケンドーコバヤシ とは

ケンドーコバヤシは、お笑いタレント。1972年7月4日生まれ。大阪府出身。血液型はO型。愛称は「ケンコバ」。芸風はコント、漫談。吉本興業所属。

1992年、大阪NSCに11期生で入学。「沖・小林」を経て、元ハリガネロックのユウキロックとコンビ「松口VS小林」を結成し、ボケを担当。『オールザッツ漫才』に出演。

1995年、「松口VS小林」を解散後、同期の村越周司とコンビ「モストデンジャラスコンビ」を結成し、ボケとツッコミの区別がつかない無秩序なネタを生んだ。

2000年、「モストデンジャラスコンビ」を解散。バッファロー吾郎主催の大喜利イベント「ダイナマイト関西」に初回から参加し、参加芸人中最多の5回優勝を果たす。初冠番組『吉本超合金K・ケンコバ大王』に出演。

2001年、『見参!アルチュン』『?マジっすか!』の出演、『ちちんぷいぷい』にレギュラー出演( ~2006年)で知名度を上げる。『オールザッツ漫才』でトーナメント優勝。

2003 ~2005年、ハロープロジェクト関連の番組、ダウンタウンが司会の『考えるヒト』などの全国放送のテレビ番組に出演が増える。

2005年、映画『パッチギ!』に出演。

2006年、『ケンドーコバヤシのオーサカ夜キング』(後の『オーサカ夜キング ケンコBAR』)が放送。『人志松本のすべらない話』『やりすぎコージー』『ゴッドタン』『明石家さんちゃんねる』などの出演で知名度を全国区に広げる。

2007年、ダウンタウン松本人志の兄・松本隆博プロデュースでメッセンジャー黒田との音楽ユニット「コバクロ」を結成し、デビューソングは『わくわくしない世代』を発表。

2009年、映画『ヤッターマン』、ドラマ『BOSS』に出演。千原ジュニアとの作品で「S-1バトル」10月の月間チャンピオンに選ばれる。

『にけつッ!!』『漫道コバヤシ』『ケンコバのバコバコテレビ』『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』などに出演中。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-10-04 13:31:04

ケンドーコバヤシ・ケンコバ

2020年10月4日
ケンコバ、『正直さんぽ』初登場も有吉弘行の本音にショック 「俺だって傷つく」

ケンドーコバヤシ・ケンコバ

2020年9月25日
ケンコバ、瀬戸大也選手の不倫報道でコメント拒否 「何も喋りたくない」

松本人志

2020年9月2日
『ドキュメンタル』、幻の未配信回公開へ 「お下品過ぎて」一時はお蔵入り

ケンドーコバヤシ・ケンコバ

2020年8月21日
ケンコバ、サンドウィッチマンに“脅された”過去明かす 「殺されんのかなと」

千原ジュニア

2020年8月10日
千原ジュニア、コロナ続く30年後の芸能界を予測 とんでもないマナーが…

小倉優香

2020年8月6日
小倉優香、降板直訴のラジオ欠席 アンガ田中は「芸能史上一番ひりつく場面」

小倉優香

2020年7月30日
小倉優香、生放送中に番組降板を訴えスタジオ騒然 「え!?」

ケンコバのラグビー金曜TheNIGHT

2020年7月7日
ケンコバ&ねお、コロナ下でラグビー熱を持続させる“保温鍋”番組のMCに

千原ジュニア

2020年7月6日
千原ジュニア、コロナ関係で煽るテレビ演出に苦言 「ちょっと煽りすぎじゃない?」

ケンドーコバヤシ・ケンコバ

2020年6月8日
ケンコバ、ステイホームで自炊に目覚める スーパーのルールは「風俗と一緒」

千原ジュニア

2020年6月7日
千原ジュニア、『にけつッ!』の台本公開 収録時間にファン驚き

アンガールズ・田中

2020年5月10日
アンガ田中、先輩芸人に聞いた話をパクっていると告白 「自分の知識として喋る」