ディーン・フジオカ とは

ディーン・フジオカは俳優、ミュージシャン、モデル。身長180㎝。所属事務所はアミューズ。両親・祖父母ともに日本人。

福島県須賀川市生まれ。その後千葉県に移住し、千葉県内の高校を卒業後、アメリカの大学に入学。この頃からイングリッシュネームとして「ディーン」を使うようになる。卒業後はアジアの国々をしばらく旅する。

2004年、渡航先の香港でファッション雑誌の編集者にスカウトされ現地でデビュー。2006年から活動拠点を香港から台湾に移し、台湾のテレビドラマや映画に多数出演する。

2008年、台湾からインドネシアに移住。現地で出会ったDJとともに音楽活動を行う。2011年に現在の所属事務所であるアミューズと契約。

2015年、フジテレビ木曜劇場『探偵の探偵』で日本の連続ドラマに初出演。また同年9月放送開始のNHK連続テレビ小説『あさが来た』で五代友厚を演じ、日本で一大ブームが起きる。

2018年、ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』の主演を務める。

2019年、フジテレビ開局60周年特別企画SPドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』で井浦新とダブル主演、『シャーロック アントールドストーリーズ』で月9ドラマ初主演。

2020年、「World Robot Summit 2020」のアンバサダーに就任。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2016-02-23 19:21:42