ドクター中松 とは

ドクター中松は東京都出身。本名は中松義郎。1928年6月26日生まれ。発明家、実業家、政治活動家。「ドクター中松創研」代表取締役、日本文化振興会第10代会長、現副総裁、国際発明協会および世界天才会議の主宰者。

母は東京女子高等師範学校(現:御茶ノ水女子大学)を卒業した教師。

5歳で「自動重心安定装置」を発明。「灯油ポンプ」や「エコキュート」、「フロッピーディスク」など、発明件数は3,500を超える。

東京大学卒業、三井物産で「空中撒布装置」や「ヘリコプター自動架線装置」を発明して伝説的なセールスを達成。

1959年にイ・アイ・イに入社し、専務、副社長を歴任。

1971年に同社社長との対立から独立し、日本初のベンチャー企業「ドクター中松創研」を設立。

1983年に「磁気テープドロップアウト除去装置の開発育成」で科学技術庁長官賞を受賞。

同年、天皇陛下園遊会に招待される。アメリカ科学学会で歴史上の最も偉大な5人の科学者の1人に選ばれる。米国ニューズウィーク誌で「世界で最も講演料の高い12人」に選ばれる。

2005年には「35年間に渡り自分の食事を毎回撮影し、食べたものが脳の働きや体調に与える影響を分析し続けたこと」に対してイグノーベル賞栄養学賞を受賞。

2014年に医師から末期の導管がんと診断され、余命2年と宣告されたことを発表。その後、命がけで治療法DNT(ドクター・中松セラピー)を自ら発明し、奇跡の復活を遂げた。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2022-10-30 01:06:05


"ドクター中松"の最新情報・ニュース (7件)

ドクター中松・中松義郎

ドクター中松氏、前立腺がんの診察を受ける フォロワーも心配した結果は…

ドクター中松・中松義郎

ドクター中松、コロナ第二波で東京五輪中止を予想 フライングシューズ通勤も推奨

高須克弥院長

高須院長、ドクター中松開発マスクで外出 「一般人でも買える?」と反響相次ぐ

ドクター中松

ドクター中松氏が怪気炎 「箱根駅伝の記録が伸びたのは私のフライングシューズ理論」

ドクター中松

ドクター中松、91歳誕生日 緊迫続くドバイからの支援要請や数々の発明を発表

ドクター中松

ドクター中松、「令和」のマーク、「令和」握手、「令和」スマイルを発明



人気記事ランキング