ビートたけし とは

ビートたけしは、お笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、脚本家、歌手、編集家。1947年1月18日生まれ。東京都出身。T.Nゴン所属。

1972年、東京都台東区浅草のストリップ劇場「浅草フランス座」で、芸人見習い志願としてエレベーターボーイを始める。同劇場の経営者兼座長だった深見千三郎に師事し、前座芸人・北千太としてコント(軽演劇)を学ぶ。ビートきよしと漫才コンビ「ツービート」を結成し、芸名を「ビートたけし」とする。

1979年、女流漫才師「ミキ&ミチ」の内海ミキと結婚。『花王名人劇場』で人気落語家・月の家円鏡の共演者に抜擢され、後の漫才ブームへつなげる。

1980年、「マンザイブーム」が起こりツービートとして知名度を上げ、昼の帯番組『笑ってる場合ですよ!』にレギュラー出演。代表的ギャグとして知られる「コマネチ!」のギャグが生まれる。

1981年、ラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』、『オレたちひょうきん族』が開始。

1982年、「マンザイブーム」の終息とともに単独での司会業を展開。『スーパージョッキー』『笑ってポン!』などが開始。『世界まるごとHOWマッチ』などで文化人としての出演要請が増える。歌手としての活動、文学小説の出版、ファミリーコンピュータのゲーム企画も行う。

1989年、『その男、凶暴につき』で映画監督・北野武としてデビュー。

1986年、「たけし軍団」の一部の軍団員と講談社の『フライデー』編集部を襲撃し、現行犯逮捕。

1994年、バイクにより重傷を負う。

1997年、映画『HANA-BI』が「第54回ヴェネツィア国際映画祭」で金獅子賞を受賞。

1999年、映画『菊次郎の夏』で「第52回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に正式参加。

2005年、フランスの『カイエ・デュ・シネマ』創刊600号記念号の特別編集長を務める。東京芸術大学大学院映像研究科の特別教授および映画専攻長に就任(〜2008年)。

2007年、カンヌ国際映画祭60周年特別記念企画「To Each His Own Cinema」に唯一の日本人映画監督として名を連ねる。「第64回ヴェネツィア国際映画祭」に「監督・ばんざい!賞」(映画監督作『監督・ばんざい!』に基づく)が新設され、表彰式に出席。

2008年、「第30回モスクワ国際映画祭」で特別功労賞を受賞。

2010年、フランス芸術文化勲章の一つであるコマンドゥール章を受章。

2012年、『アウトレイジ ビヨンド』公開。

2016年、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーよりライター部門で会員候補に選定される

『ビートたけしのTVタックル』『世界まる見え!テレビ特捜部』『ビートたけし奇跡体験!アンビリバボー』『たけしのニッポンのミカタ!』『新・情報7DAYS ニュースキャスター』などに出演中。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2022-06-26 16:01:05


"ビートたけし" の最新画像


全部見る

"ビートたけし"の最新情報・ニュース (363件)

ビートたけし・北野武

ビートたけし、映画監督転身時の批判と対処法を告白 「圧勝して潰さなきゃ…」

ビートたけし・北野武

ビートたけし、緊急地震速報に「怖い」と苦言 元気象庁長官の説明に驚きも

ビートたけし・北野武

ビートたけし、コロナ給付金詐欺に怒り 「我々が一生懸命働いた税金を…」

ビートたけし・北野武

ビートたけし、『TVタックル』で煽り運転の罰則強化を提言 「罰金が安い」

豊田エリー・柳楽優弥

豊田エリー、夫・柳楽優弥の『浅草キッド』裏話を告白 別現場でもたけしに?

山本太郎・水道橋博士

水道橋博士、れいわ新選組から参院選比例区出馬 永田町でなく異例の街頭で記者会見

オードリー・若林正恭・春日俊彰

オードリー、ラジオ愛を熱弁 『オールナイトニッポン』は二人の「命綱」

ビートたけし・北野武

ビートたけし、ロシア映画祭で受けた恐怖体験を告白 「すごいもん、監視が」

ビートたけし・北野武

ビートたけし、ウクライナに侵攻したロシアに怒り 「良しとする理由ない」

ビートたけし・佐々木朗希

ビートたけし、佐々木朗希投手の育成法を称賛 「高校野球で肩を壊した投手を…」

復活!風雲!たけし城

ビートたけしの伝説的バラエティ『たけし城』が蘇る 当時の特別映像が解禁

ビートたけし・北野武

ビートたけし、県民割と新規Gotoキャンペーンに異議 「俺らの税金が…」



人気記事ランキング